山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

能力のびる「ちぢち」

この前、2ヶ月の赤ちゃんを連れたお客様とお会いしました。
その方のおうちには、しらべのちぢちが導入されていますが、

まだ2ヶ月なのに、「となりのトトロ」の映画を見て
「おはなやさん」
らしき言葉を真似して発しているとのことでした。
驚愕です。

もろちん、おばあちゃまにあたる方は、頭脳明晰でいらっしゃるので、
良い遺伝子をいただいたのでしょうけれど、
ご本人様は「3人の子供を育ててますが、こんなに早かったのは初です」
とのことでした。

ただ、この赤ちゃんのお父さんがアトピーをおもちなので、
ちょっと出ちゃったのですが、
和草ジェルやオリベックスクリームやらで
耳垂れまで出ていたのですが、綺麗になっていました。
ホッとしましたが、
やはり遺伝子的にもらっているものは油断をしないように実践していくのは大事ですね、
と確認をしあったのでした。

 
自分の弱いところを認めて、
それを自分でケアしていくことは大事だなと思いました。

今ここに愛と感謝を。


by tokushu999 | 2018-11-29 20:23 | 生体エネルギー実践記録

朝霞→岩手→広島

この三連休は、移動が多かったのですが、
とても素敵な出会いがたくさんありましたので、楽しかったです。


朝霞は、無添加計画様主催の「風水・健康セミナー」で、
岩手は法事、
広島は、小田原ハウジング様主催の「風水・健康セミナー」でした。
セミナーでは、皆さんに環境の大事さや、生体エネルギーの技術について面白がっていただきました。
特に、その後、生体って面白そうと、生体エネルギーの産業技術について書かれている本を買って読まれた方から
「勉強会に出てみたい」
とご連絡いただきました。
素直にとっても面白い技術だと思っていただけたのは嬉しいものです。
生体エネルギーは、生体システム実践研究会っていう実践型の会員の勉強会があるのです。
(農業講座は、実践研究を実際にしていくので、農場がある方のみっていう原則がありますが
一般の方は、本部勉強会などに出られます)
ご興味がある方は是非どうぞです。

さて、そして、やっぱり風水は面白いと思っていただけます。
だって、計算でいろいろわかるからです。
さすが4000年の歴史ある統計学です。
しかし、残念ながら、この環境劣化は4000年の歴史にはなかった状況なわけです。
何かしらのこのマイナスを補うものを取り入れていくことは、おすすめだと思うのです。

精神的に鍛えて、それで持っていける能力者さんは、それでやって欲しいですが、
そういう能力がない方や、興味が全くない方、
精神を鍛えるのが不得意です、という方の場合は、
「環境を作る(場を作る)」
ことは、素晴らしい足し算になると思いますよ。

だって、暮らしているだけで、能力が伸びたら面白いと思いませんか?
そういうは生体エネルギーは得意中の得意なんです。
尾山もいつも補ってもらって、助けてもらって今があると思っています。

そして、その延長上でインスピレーションをいただけるためのことが起きたら、、、
それはそれで素敵な人生だと思うのです。

今ここに愛と感謝を。




by tokushu999 | 2018-11-26 19:02 | 生体エネルギー実践記録

おもしろい本に出会う

このコーナーは、意外にも反響が大きいのでとても嬉しいです♪

最近、というかここ何ヶ月かですけど、読んで衝撃の本がありました。

「ユージニア」恩田陸さん

a0159393_21003723.jpg

羽田空港、(JAL便 )3番搭乗口付近の本屋さんで見つけました。
見つけた時、本当に小さくガッツポーズしてしまいました(笑)
そ恩田先生は、推理小説もすごかったです。

人間くささがただ漏れで、
一人一人の背負う背景が厚い。。
これは、蜜蜂と遠雷 でもそうでしたけど、今回のはミステリーです。


こちらは、やっぱり家で読まれるか、
電車などでしたら、マスクしながら読んでほしいです。
原田マハ先生の「永遠をさがしに」
a0159393_21005696.jpg

泣ける。
いきなり目の裏が、ぎゅーっ!っとなり、涙です。。。
最後の方が駆け足っぽくなってる気がして、もっともっと長くても良かったなぁ、、と、
この主人公たちと、もっと長く一緒にいたかったです。。。




あと、こういったら誤解を受けそうですけど、
気楽に字面を追って楽しむ小説でした
「あの家に暮らす四人の女」三浦しをんさん
a0159393_21011447.jpg

お互いの性格や、特徴を認めながら、
探りながら、
遠慮はあるけど、寂しくはなく、
お願いはするけど、厚かましくはなく、
それは、4人の女性で「女という協調性能力の高い生き物が、そうはいっても相性はあるもんね、的な、絶妙な関係性」の日常を淡々と描いてるんですけど、途中でいきなり面白い展開になっていきます。
どっちかというと、ジャンルはSFじゃないの?
と思わせる面白い本でした。


そして、小説ではないですが、今回のドラマで、特筆すべき
「僕らは奇跡でできている」
これは、本当に予想通り面白いです。
ステキなお話しで、やっぱりポロリときます。

お時間ある方は是非どうぞ!

今ここに愛と感謝を。


by tokushu999 | 2018-11-20 22:45 | 映画・DVD・演劇・本・芸能・美術館

宇都宮から藤枝へ

この土曜日は、宇都宮での無添加計画の宇都宮OFFICEさん主催で、
日曜日は、大井建設様主催での「風水・健康セミナー」で行ってきました。

土曜日は、満員御礼、ぎゅうぎゅう詰めの展示場に、みなさんでいろんな話で盛り上がりました。
得聚(とくしゅう)のHPにも載せさせていただいている、
生体エネルギーの力丸コンクリートのコースターをプールに入れただけで、
「藻」が出なくなり、掃除がしやすくなった、というあの学校の先生もいらしてくださいました。
その後日談で、他の学校でも実践していただいたそうですが、結果はとても良かった!!とのことでした。

そして。。。なんと、オタマジャクシがたくさん育っちゃった。。。
という後日談も。

つまりは、自然の生物が生きれる「生態系」を確実に作るという結果となったのですが、
オタマジャクシは、ちゃんと逃してくださったとのことです。
また、宇都宮の今の寒さで、ミニトマトが未だに路地で取れている、
パプリカもほらこの通り!
と、お写真を見せていただきました♪
(あー、お写真、いただけば良かったなぁ。。。)

生体エネルギーの凄さを実践してくださっています。

そういえば、この前の秋期特別セミナーで、山梨ですんごい桃を作っている
(触ってもつぶれにくい、また、切った後、茶色になりづらい←つまり酸化に強い桃)
芦沢さんが、
「この技術は農業の技術なんですが、
30年ぐらい前のこの実践研究会では、失敗を報告する会だった」
というお話をされていました。

佐藤先生は「どれをやって失敗したか?」に着目されていて、
それをどうやって克服するか?
を日々研究されていたというのです。
いやー、すごいです。
それがあって、現在の「こうやったら、できる」がある。
それで、素晴らしい実践結果が、日々報告されている、ということになるわけです。

ゼロ宣言の家は、今は、生体エネルギー技術ではなく、独自の技術を使っていらっしゃいますが、
毒がゼロ、というところがやっぱりすごいなと思うのです。
合板を使わないということが、どれだけ体が楽になるか?
それは、一つの大きな足し算だなと思います。
毒を消すのに、どれだけの生体エネルギーを使わなくてはならないか、、、。。。

そういうところに、一つずつ、好きだったら生体エネルギーの技術を足していく、
形という点の風水を取り入れる、
(生体エネルギーでは、風水ではなく、じんち論を取り入れてます)
好きなところから、一つずつ足していって、土地や家とともに成長していくといいのかなと思います。


藤枝では、リピーターの方が、とうとう建て替えを始めるという方の風水相談にのりました。
とても楽しそうで、こちらまで嬉しくなってしまいました。

みなさんの家は、自分の能力を引き出す場となっていますでしょうか?
ともに助け合ってくれる環境となってくれているでしょうか?
何かを使う、使わないを別として、
家や土地を愛して感謝を伝えると、とても共鳴してくれると思います。
人でもそうですよね?
誰が嫌われているとわかっていて、その人のために働くのでしょうか?

「ああ、大事にされているのね、感謝もされちゃっている!
私、なんだか楽しい! もっと頑張っちゃおうかしら!!」

こう思うのは、人だけではなく、土地や家もそう感じるようです。
そう思うと、楽しくなりませんか?

今ここに愛と感謝を。



by tokushu999 | 2018-11-19 19:32 | 生体エネルギー実践記録

岐阜と町田へ

長野の秋期特別セミナーの次の日は、岐阜の無添加計画様主催の風水と健康セミナーで行ってきました。
本部の風水担当の方が残念なことに退職されたので、
次のご担当の方に風水の説明もあったので、帰りは遅くなってしまいましたが、
たくさんのお客様にいらしていただきまして良かったです。
また前回、いらしてくださったお客様が、勉強の成果を発揮されていて良い土地を見つけられていて、
セミナーの甲斐があったなぁ、、としみじみ感動していました。

いつも生体エネルギーのレモンや醤油の実験をするのですが、
「なんで毎回、こんなに目の前で、味が変わるんですか?」
と聞かれましたが、
へ?
本物は、当たり前に変化するでしょう?
と、ちょっと不思議に思いました。

実験、実践には、ちゃんと条件を揃えます。
対象区も条件を同じにして、
生体エネルギーの磁場を加えただけで、どのように変化するのかを見ます。
そして、目の前で変えられなければ技術ではないと、
佐藤先生はおっしゃいます。(生体エネルギーの先生です)
佐藤先生は実際、圃場(農場)にいって、現地で
「これとこれとこれが足りないね」
と微量要素の不足がすぐに分かってしまうそうです。
すごいなぁ。。。
放線菌とか、匂いでわかるのはなんとなくわかりますが、
いかに長年、土と向かい合って対話されていらしたのかがわかる話です。
また、そういう丁寧に作られた作物を食べ続けると、どうなっていくか?
というのは、60年近い生体エネルギーの技術ですから、
全国に実践者が山ほどいますから、実践した方に聞いていけばいいのです。

それと前提条件は大事になります。
ものすごくマイナスをしている土地、
何か、いわくつきの土地などでは、もともとのマイナスを消さなくてはならないので、
その分、多くの生体エネルギーがかかります。
全く何もない土地は、そういうマイナスを消すエネルギーは必要としないので、とても楽です。
生体エネルギーは魔法ではなく技術ですから、当たり前にそういうことが必要となるので、
土壌分析とかされるのですね。

大変すぎる歴史がある土地や、
作物を長年作り続けてしまって、生体エネルギーを収奪しすぎちゃっている土地では、
時間がかかる場合があります。
そう言う時、「これは効かない!」と決めつけるより、自分の縁のある土地が、どれだけ疲れちゃって、
寂しくなっているかということを、ちゃんと分かってあげるのも必要なのでしょうね。

それが分かったら、しめたものですね。
ちゃんと大事に育てて、自分も共に育ち、学ぶことが大事なのだと思います。
自分の代で、できる限りのことをして、次の代にバトンタッチをする。
それは、良いことなのではないかなと思います。


また、町田に風水鑑定の土地探しにも行きました。
しばらく土地が自由にしていた土地は、とても軽やかに感じました。
後ろの御宅の方とも楽しくお話ができて、
ああ、良さそうなところだなぁと思ったのでした。

しかし、土地がとても良い場合でも、何もない人生はないわけです。
土地があなたの味方となって働いてくれるのか?
一緒に、人生のその時を歩んで、一緒に乗り越えてくれる戦友となるのか?
それは、自分の心や視点にかかってくるのではないかな?と思います。

今ここに愛と感謝を。



by tokushu999 | 2018-11-15 18:31 | 生体エネルギー実践記録

長野での秋期特別セミナー1

久しぶりの投稿です。
本当に怒涛の日々でして、、、。

11/9-10まで、長野県の東御市にて、生体システム実践研究会の秋期特別セミナーがあって行ってきました。

尾山のお客様も、遠くは広島や愛知、岩手、埼玉、川崎、
神奈川や千葉、、、といった全国からいらしていただきました。

感想は様々でしたよ。
初めての方は、
「データについては、すごいなと本当に思った。」
「農業者さんのお話はとてもよくわかった」
「電気の質疑応答がよくわからなかった」
「携帯用しらべじんって何?」
「野菜って質があるって本当だったんだね」などなどです。

長年実践しているお仲間は、
「今回の佐藤先生の話は、わかりやすかった」
「また資材が進化したのか」
「やっぱり、勉強会になるべく出たいなぁ」
「佐藤先生って、いつも変わらず若い」
などなどです。


本当に、人の視点や目的って様々なのだな、と思います。
目的は、その人を作っている、といっても過言ではないのかもしれません。

生体エネルギーを世の中の一つの技術として、日々楽しく使っていらっしゃる方は、
それの継続でいいわけだし、
しかし、この技術を使って、自分の産業でできなかったこういうことを、「できる」に変えてみたい!
という方にとっては、すごー!!と感動できるレベルのものです。
本物は、結果に嘘がありません。

これさえ使えば良い

なんてものは、ないと思います。

【これを、この時に、この量を使って、
そして、時間を見て、またこのレベルまでいけたら、次にはこうしたらこうなる。

土壌学からの技術だから、
アプローチ方法をちゃんと考えて着実に一歩ずつやっていけば、
できる、が見えてくる。
簡単なことだけではないかもしれない。
しかし、一つずつ継続していくことで、やっぱり変わるし、
それを経験した時に、「へえー!!」と感動がやってくる。


この技術は人を騙そうとしているものでは全くない。
どうやったら、この環境劣化を優勢に変えることができるのか?ということを真剣に長年研究されていて、
実際に大学の研究機関で証明されている。

世の中には人を騙そうとするものもあって、その手口を聞くと本当に驚愕するのですが、
それはそれ。
自分がただ、どう生きたいか?だけを見ていけば、いいんじゃないかなとおもう今日この頃です。
そう。ちゃんと本物は答えを出すもの。
堂々と実践していこうっと。


今ここに愛と感謝を。




by tokushu999 | 2018-11-12 21:35 | 生体E勉強会etc
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30