山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:生体エネルギー実践記録( 792 )

展示会での笑顔

9/18-19日まで、長野の東御市のマルセイ社屋にて、
生体エネルギーの展示会がありまして行ってきました。
今回の展示会は、産業人さんと、一般のご家庭の方もご参加いただける回でしたので、
大勢のお客様で賑わいました♪

そして、今回はものづくり体験ができたのです!
・藍染体験(500円)
・カラーストーン作り(500円)
・宝箱作り(5000円)
・コンクリート(如意棒っぽいものでした)づくり→ なんと無料!! 佐藤先生からのプレゼントってことでした!

どこのブースも、すぐに予約が埋まり、どの回も満員御礼。
尾山の説明担当ブースは、「とく丸」を使ってのカラーストーンづくり!
(このカラーストーンの作り方や、どんなお楽しみがあるかというのは、また別の時にしっかり書こうと思いますので、どうぞお楽しみに。)
みなさん思い思いのカラーで色付けされた、生体エネルギーのとても高い石を
ほくほくとお持ち帰りされていました。

尾山のお客様、、、というより、もうお友達(と勝手に思っていますが)
九州の佐賀、
広島の福山、
神奈川のあそことここと、、笑
愛知の君。
もちろん、東京からもたくさんいらしていただきありがとうございました。
お久しぶりにお会いできた方もいらして、本当に嬉しかったです!
そして、ちぢちの使用感想をいただきましたので、またお知らせしますね。
写真を撮らせていただきましたこちらの方に許可をいただきましたので、どうぞ。(展示会の会場の写真は撮っちゃダメなので悪しからず)
a0159393_15125900.jpg
マルセイさんのところに咲いてるバラ🌹と共に。


「尾山さんー!お久しぶりです!」
とお声をかけていただいた美人姉妹さん。
やはりどこかで拝見したと思ってチラチラと盗み見していたのですが(笑)、
大雄建設さんの生体セミナーの時にいらしていただいた方達で、いつもご注文をくださる方でした。
そして一緒にいらした方は、やはりご注文をいただいてるYさんでしたが、
どうしてうちにご注文くださるのか存じ上げなかったのですが、
なんとこの姉妹さんのご紹介だったと判明!
お初でお会いすることが、展示会でできようとは、、、、
もう少しお話しをしたかったのですが、尾山は担当ブースがあったものですから、、、失礼いたしました
泣))

また、いつもブログ読んでます!という方々からも励ましをいただいたり、
ご質問をいただいたりと、これから書き続けるモチベーションをいただくことができました。
ありがとうございました。


こうして見ると本当にたくさんのご縁をいただいているのだなと、感じます。
佐賀のIさんは、もうかれこれ7年?のお付き合いです。
福山のOさんも5年?
もちろん東京のみやこちゃんはもう18年とかになるのかな?いや、もっとかしら?
生体エネルギーを実践していくと、
毎日、毎年、10年おきにも振り返って見ると、自分の違いがわかるものです。
何も、生体エネルギーだけを使えば全てにおいていいのよ、という話をしているのではなく、
生体エネルギーの資材たちで、「自分の能力を引き出して」もらい続けると、
いろんな出会いがある中で、
いろんな経験があり、出来事がある中で、
良いと感じるものも、悪いと感じるものも、自分の情報として蓄えることができる。
(相手が持っている能力を、自分にもいただくことができる。肯定さえすれば)
そして、そのたくさんの情報を、プラスにして使っていくこともできる。
これは、そう佐藤先生に教えていただいていて、その通りだったなぁと思うのです。

それはキャパって言えるかもしれない。キャパシティ。


企業さんとかは、製品にダイレクトに現れてくるのでとてもわかりやすいですが、
(だって自社製品がどんどん変わっていくから、よくわかるし、
工場の設備にまで変化が見えるし、誰がみてもわかりやすいとのこと)
個人の場合は、そうですね、
10年前より笑顔が魅力的になったら、それはキャパが増えているとも言える。(と思う)笑
全てにおいて肯定しやすくなっていたら、それはもう自分を褒めて良いぐらいのキャパだと思えるし、
自分のご先祖様を思う時、自然と感謝が出てきたら、それはそれは最高のことだと思うし。
なんでもいいから、自分のことをとても肯定できている部分があって、それが増えていけば、
あー、これは、幸せのレールにのっちゃったね〜♪
ってぐらいのことになるのだと思います。

だからこそ、楽しんでいろんなことを実践していくことなんだなぁと思います。

そして、展示会での仕事の合間に見えた光景は、
「たくさんの笑顔」でした。
できることが増えていくということは、こんなにも楽しいことだったんだなぁと改めて思いました。

今ここに愛と感謝を。

黒崎園さんから素敵なコスモスをたくさん頂戴いたしました!
こちらの実践については、また別の機会に。。
帰りの車のバックミラーにうつるコスモスを見ると、ウキウキしちゃって疲れ知らずで帰れました♪
ありがとうございました!
a0159393_15171980.jpeg



by tokushu999 | 2018-09-20 14:54 | 生体エネルギー実践記録

展示会9/18-19 in 長野

来月の9/18-19は、長野の東御市 マルセイ社屋にて「生体エネルギー展示会」が行われます。
4月の展示会は産業人さんたちに絞ってのことですが、
9月は一般の方にもご参加いただけます!

しかも、、、今回参加した方には、なんかすごいものが、、、

最近、なかなか本部の勉強会に行けていない尾山ですが、
お仲間さんや先輩からとてもありがたいことに、進んでいる勉強会の内容を教えていただく機会をちょうだいしてます。

ちょっとしたお祭り気分になれる秋の展示会です。
一日目だけ、
二日目だけのご参加もオッケーですので、ぜひご興味がある方はご連絡くださいね!

そして、ぜひマルセイさんにいらっしゃるのでしたら、
ちらりと実践区のビニールハウスを体感して欲しいです。
ビニールハウスなのに、あの嫌なムッとした感じがしづらく、
深呼吸すると、肺の隅々まで空気が行き渡るのを感じていただけますよ。
(呼吸しやすいということは、環境がとても良いということになります)

大げさなことは言いませんが、
「困った」がある方を手助けする手法が、ここにはあると思います。
もちろん、これさえ使えば万事オッケー的なことも言いません。
こまったがあるということは、その問題として具現化してくるまでの、
かけてしまった経過や、時間、歴史、想い、間違った手法があるわけですので、
一つずつ正して行けばよいだけです。

そして、どうぞ気楽に。
楽しんでこそ。
です。

今ここに愛と感謝を。




by tokushu999 | 2018-08-27 20:48 | 生体エネルギー実践記録

栽培し直し

前々回触れたことですが、
生体エネルギー技術的な「栽培し直し」について書いてみようと思います。

生体エネルギー技術は60年近い歴史を持つ農法ですが、
連作障害をなくしたり、
栄養素の高い、質の良い作物を作るための手法があるのです。
こちらは第一次産業となりますよね。

では、二次産業以降では何ができるか?
ということも考えてるのです。

生体エネルギーは足し算ができます。
水、電気、土壌、空気、光、etc・・・
いろんな因子を高めることがすでにできているので、その生体エネルギー勾配を使って、
一つのものを、いろんなアプローチによって、(一つのアプローチを足していくことによって、足し算となります)高めていくことに成功しているのです。
その結果は、それぞれの産業人さんたち(メーカーさん)が理化学研究所とか、大学でとったデータが物語っているわけです。

わかりやすい例を出すと、
例えば缶詰工場さんがいらしたとして、
そこで作られる缶詰をどうやって高めるか?ということを考えたときに、
工場の水や、電気、工場自体が作られている材質(建材)などを見ていくことによって、
缶詰を生体エネルギー位置の高い製品にすることはできているというわけです。
鯖缶だったら、鯖の中の栄養素を壊すことなく、生体エネルギー満タンというものになるので、
美味しいだけではなく、鯖という食材が持つ素晴らしい力を引き出した、食べて本当に栄養となる鯖缶となるだろうね!
ということが言えるわけです。
ただし、その鯖の質や、工場の建材の材質、などによってあまりにも生体エネルギーが低すぎるとしたら、
かなりの生体エネルギー量を必要とするので、それを電気で補うのか、
水で補うのか、、、土か、コンクリートか、、、
これらを考えるのが、アドバイザーの仕事ってことになります。
当然佐藤先生は、「すべての物事の共通項」について実践研究されてきたので、
アプローチ方法を「こうすればできるよ」という答えがあっちゃうからすごいのですが、、、

さて、ここまでは、製品を作るときに生体エネルギーを電気や水などの勾配で作ればいいのねと、
なんとなくお分かりいただけたと思うのですが、
ここ7年ぐらい?だと思うのですが、
技術がガツーンと進化してしまって、簡単に言うと、生体エネルギーの高い生態系が明確に作れるようになったのです。
その生態系の中に、一般で作られた缶詰を入れると、、、
缶詰が変わる。
そして、それが生体エネルギーの活用商品化できるまでになっている、ということまで進んでいます。

以前は、缶詰を生体エネルギーの「環境」で高めても、環境が悪すぎるところに置くと、勾配で流れてでしまうことになってしまっていたのですが、
極端に高めることによって、そのエネルギーを保存できるようになったのです。
(もっと言えば、保存だけではなく成長加算もしますけど、、、)
一般的産業では、この栽培し直しというやり方でも十分素晴らしいものはできるということになりますが、

ここまで作った環境に、
第一次産業で生体エネルギーをしっかりつかって作られたお米や、農作物をさらに入れると、、、
すごいものができる、ということになります。

それをやっている方のものが、「たくみ」パンフレットに載っています。

お米とか、だるま芋とか、納豆とか、豆腐とか、お味噌とか。
果物も!
お菓子は、尾山の大好きな新月さんのプリン♫
牛乳は、実践者の牛乳を北海道から取り寄せて、
卵も砂糖も実践者さんのを使い、
工場の電気や水を生体エネルギー満タンのものを使い、
しらべシリーズも使って、、と、かなり加算が多いですから、そりゃ美味しいですよね。
まんじゅうも美味しいですよー!

たくみパンフレットが欲しい方は、どうぞご連絡くださいね。
info@tokushu999.com
尾山まで
今ここに愛と感謝を。

by tokushu999 | 2018-08-26 08:36 | 生体エネルギー実践記録

お客様からのご質問

この前、
「世の中、いろんな技術があって、
電気や水を変えられるっていいますけど、、、
生体エネルギーのできることってなんでしょうか?」
と、ご質問をいただきました。

尾山は、嬉々としてお答えしましたが、簡単にいいますと
「長年」使っている方の話をぜひ聞くことですよ、とお答えしました。

全国の使っている企業さんのお話を聞くこともいいですよね。

みなさん、ぜひどうぞです。

今ここに愛と感謝を。

by tokushu999 | 2018-08-22 17:08 | 生体エネルギー実践記録

飛行機のお隣の席にフルーツポンチの・・・

この土日の移動は結構ありましたが、
熱心で面白いお客様たちばかりでしたので、とても楽しい二日間となりました。
18日は、名古屋の無添加計画さま主催、
19日は、四国のmaru工房さま主催の風水・健康セミナーです。

前半は風水について
後半は生体エネルギーについて
お話をするのですが、
生体エネルギーの話の前には、必ず実験をします。
お客様にレモンを切ったりしてもらうのですが、
疑心暗鬼丸出しのお客様に、なるべく切ってもらいます。笑

昨日の四国は松山のお客様で、旦那様が全くこういうのを信じないの!という奥様の命をうけて、
旦那様、、、どうぞ腹をくくってくださいましと、レモンを切っていただきました。

「あれ?レモン、切りやすい。。」
生体エネルギーの電波「しらべ」を使った方は、そうですよね、
そうなるの。。
その理由を知りたい方は、いろんな勉強会に出てみてくださいね!

そして、味見。
「わわ!!苦い!!」
生体エネルギー処理したレモンは、美味しいのに、
処理していない方は、苦味や、雑味が舌に残る。

「なんで?同じレモンなのに、、、。」
そうです。一個のレモンを半分にして味比べしてますから、疑っていた旦那様も含めてみなさんすごく不思議。

しかし。。。怪しくもなんともないの。
これ、環境学なんですよ。(一つの側面からだけで説明するとですけど)
60年近い歴史を持つ、生体エネルギー技術は、農法。土壌学、環境学、云々を網羅しているので、
電磁場で環境の生体エネルギーをアップすることもできてます。
しかも、味が違うだけではなく、ちゃんとレモンが若返っているのが、切れ味でわかる。
見た目でもわかる。
味を変えるだけではないから、それを食べると面白いことになる。
健康な食を、「栽培し直し」しながら生活できることのすごさよ。。
(これについては、また詳しく書きますね。)

「環境」
これは、とても大事なのです。
どんな場に、自分が長い時間いられるかで、10年先の細胞の質が変わるだろう、、ということを、
60年近く実践研究している生体システム実践研究会。
もちろん良い質の食を取ることで、より素敵な体の質になっていくのは当たりまえです。
9/3は、東京の北区で農業の勉強会もありますよ。
ご興味がある方は是非どうぞです。

簡単な説明と実践報告が終わると、皆さん、
「へー、なるほど。
今まで、自分たちも気づかずに判断材料としてやってきたことを、詳しくみているのね」
とわかってくださる。

そう。好きな方は是非ご自分の生活に取り入れてみてくださいね。
いろんなことが面白くなってきますよ。

そして、松山空港から乗った飛行機の隣の席は、、、
フルーツポンチの村上さん!
尾山はお笑い大好きで、もうドキドキしてしまいましたよ。
テレビで見るより数倍かっこいいの!!
『膝神さま〜!!』と心で叫んでました。
そして、通路を挟んだ斜め前には、フジモン!!テレビで見るより、背が高くてこれまた素敵!!
そして、前の席には、そのまんま東さん!!(なぜか東さんだけは、テレビでみるまんまでした。。。)
もう、お笑いさんたちに囲まれて、ご褒美時間でした♪


今ここに愛と感謝を。


by tokushu999 | 2018-08-20 21:13 | 生体エネルギー実践記録

切迫流産しかけたあとの数値の回復

この前、お客様のお子さんのお腹の中の赤ちゃんが切迫流産しかけたそうで、
入院となったそうです。

本当に危なかったようなのですが、できるだけのことをしましょうということで、
オリベックスクリームや、和草ジェル、想樹の肌掛け布団や、しらべなどを持ち込んで、
アプローチしていらしたのですが、
治るはずのない数値が戻ってきた、、とのことでした。
(すみません、お母様も尾山も興奮してしまい、なんの数値か聞き忘れましたが)

「うちの子もそんなわけがない、お医者さんもそんなわけがないって言うのですが、
だってもどってきたのは事実ですもんね?」
と。
そうですよね。
そういうこと、生体エネルギーで実践していくと、よく起きてしまうようです。
そして、最近はこのお子さんは生体エネルギーは少しずつ、なんらかの作用があると認めてくれているそうです。
体験するとね。そうなりますよね。
ただ、やっぱり、うーん、、、
実践を信じてやり続けてくれる方(家族や、お医者さん)がそばにいると、
とてもスムーズにいくなぁと思うのです。
孤軍奮闘は、なかなか。。。

やはり、人間は社会性を持った動物なんだなと思うのです。
励ましあったり、
ともに悲しみを共感したり、
喜びあったり。
これで、力が増幅してくる。
ガンバるぞー!という気力が増してくる。


今ここに愛と感謝を。

a0159393_20324490.jpeg
北海道の中澤農園さんのスイカ‼️
めちゃくちゃ甘ーい106.png
生体エネルギー玉!と言っても過言ではない〜っ101.png
いまならまだ間に合うとおもうので、ご注文はお早めに!




by tokushu999 | 2018-08-08 20:31 | 生体エネルギー実践記録

家族の目的が揃っていると楽ですよね。

今日は無添加計画様の本社様主催の「風水・健康セミナー」で池袋に行ってきました。
酷暑。。
酷な暑さ。。。書いちゃいけない字の気もするぐらい、なんか暑さを表現してます。
それに加えてのこの湿気。。。

会場に着くとひんやりとしていて、冷房のありがたみを感じますが、
こんな中、無添加計画さんは、体感ツアーをされるらしい。
この酷暑で、さすがに扇風機だけで良いってことはないよね?とは思いましたが、
なかなかやるらしいです。
すごいですね、0宣言の家!
これからの時代に、質の良い断熱材ってやはり大事だなぁと感じます。
調湿ができる家って、これからの時代は必須でしょうね。


さて、今日のお題は、家族の目的です。
たまにセミナーでお見かけするのですが、
ご夫婦で、片方が片方を無理やり連れてきちゃっているパターン。
本当に、このお姿を見ると心が痛みます。

人は、相性ってものがあるそうで、
中国伝統風水でも、その相関図的なものはあるのですが、
その相性が合わないというのとは別に、「目的が違う」っていう悲劇があるように思います。

奥様は、子供の将来のためにお金を貯めるのが正義と思い、頑張っていて、
旦那様は、健康(能力)こそが全て。健康があればなんでもできる、と信じて正しいと思って頑張ってらっしゃる。

悲しいのは、どちらも間違いではないのよね。。。

お互いの判断基準が違っているだけです。
それは、お育ちなのかもしれません。
もしくは、そういう概念になる、実体験があったのかもしれません。
いずれにしても、夫婦間でずれてしまっていることは、
なんとも悲しいことだなと感じてしまいます。
その解決策なんて、千差万別なので、こうするといいよとかは言えませんが、
一つずつ、いろんなことは体験していくのは一つの良い方法と思います。

本物はちゃんと結果を出します。
それを、ちゃんと調べて、自分たちに必要なことを「相談しながら」決めていくこと。
これが大事かと思います。
尾山の経験上、相手がよっぽどの変わり者ではない限り、
その相手のことを大好きで大事に思って言ったことや行動したことは、ちゃんと伝わるものだと思います。
その時に、やりすぎないことも大事ですよね。
家族は、経済活動を共にしている同士なのですから、
ちゃんと、話し合ったり、
ちょっとの時間をかけて、ゆっくりと実践していき、
家族に納得してもらうのも大事と思います。

ただ、これは時間がある方の場合ですね。
ご病気などで時間的に猶予がない場合は、
見事な土下座を披露して(笑)、頼み込んで実践させてもらうこと、、、
人生一度のわがままを聞いてもらうこと、(後から、相手のわがままを聞きましょう)
こういう姿勢も大事かもと思います。笑(いや、笑っちゃいけないのですが)

誠心誠意。

これは、本当の本物ならば、必ず相手に伝わります。

今ここに愛と感謝を。
a0159393_20191838.jpeg

前日、高坂パーキングエリアで、天然氷の
手作りメロン果汁のかき氷をいただきました。
ほんとにめちゃくちゃ美味しくて、びっくりしました。お盆の最中もテントで営業されるとのことです。
ぜひ、みかけたら食べてみてほしいです!

by tokushu999 | 2018-08-05 20:18 | 生体エネルギー実践記録

九州からのお客様 怖い話

先日、九州からお客様が吉祥寺にいらっしゃいました。
里帰り?のついでによってくださいまして、
ランチとお茶と、いろんな生体エネルギーの話や、怖い話で盛り上がりました笑

九州の津留建設様の主催の生体エネルギー体験会でお会いしてから、
千葉の生体エネルギー体験会に急に現れたり、
すごい行動力のある方なのです。
今は、九州の佐賀に単身赴任されているのですが、いずれ、ゼロ宣言で家を建てたいと思われている方です。(今すでに一軒家をお持ち)

健康に関して知識が深くて、鼻呼吸のお話など伺いました。
なるほど、たくさん知らないことがあるので、勉強になりましたよ。

さて、怖い話って何の話をしたかというと、
一番怖いのは「生き霊だ」という話になりました。
つまり、生きている人の想いってことです。

だいぶ前にも書いた気がしますが、
マイナスの生き霊がかけられた方は、ものすごい臭いをまとっている時があるのです。
その方が帰られた後は、部屋の中をその臭いが浮遊しています。
一番最初にその臭いを嗅いだ時、
「え?なんか野生動物でもいる?」
と、臭いを辿るのですが、ふっと消える。
で、またしばらくすると、ふっと臭ってくる。

空間を点々と浮遊している。
点なんですよ。

あー、これが生き霊かとわかった途端、消えたんんですよね。
(グラスキャンドル焚いたし)
そのいらしていた方は、お金に執着がある方で、離婚されていて、
いろんなことがあった方でした。(生体エネルギーのお客様ではないです)

それ以来、「自分の想いに責任を持ちなさい」と佐藤先生に言われていたことを、
すごく気をつけるようになりました。
悪いことを思い続けていたら、その想いを纏うことになる。
・・だったら、良いことを、良い想いをかけ続けていれば、良いエネルギーを放射したり、良い仕事をするってことなんだな。と。
だから、まずは自分が幸せな気持ちになっていることが大事だというのだなと、
なるほどなるほどでした。

そんな話をしていたら、もう一つ。今度はモノにもその想いがくっつくってことなのですが、
5年前だったと思うのですが、ロンドンの出張について行った時の話です。
大英博物館での中国の歴史ブースですごく綺麗な髪飾りを見たんです。
その時に「わー、綺麗」と思った途端
『これ、私のものよ!!』
と響いてきた。
それと同時にざわっとして、鳥肌がたったんです。
すぐに生体エネルギー水飲み、その場を離れたのですが、
ものに執着するのも良くないんだな、、と勉強になった出来事でした。

どうせなら、そのものを見るだけで「なんかワクワクしてきた!!」
「ほっこりするー!!」と思ってくれるような、存在が地球にたくさん増えたらいいのですよね。きっと。
尾山はまだまだで、怒ったり、泣いたりと迷惑かけて申し訳ないけど、
諦めずに一緒に平和で自由な存在になりたいなぁ。
私のそばにいてくれる、すべての存在さんたち。
いつも本当にありがとう。

今ここに愛と感謝を。
a0159393_21263131.jpeg
これ、懐かしくないですか?!

by tokushu999 | 2018-08-02 21:23 | 生体エネルギー実践記録

力丸・力丸X・底力もろもろ入れたコンクリート作り

昨日は、長野のマルセイさんで特別コンクリートを作らせていだたきました。
尾山のものではございません。
大事な実践のためのコンクリートです。
佐藤先生と千代子理事長に、心から感謝です!!

午後1時から作り始めて、6時までの
本部の芦沢さんの手を借りて、(芦沢さんには、前準備もかなり手助けしていただきました(涙))
計四人で泥と汗にまみれ手の作業となりましたが、
疲れはしたけど、、、なんか、爽快だ!!
って感じで、帰りのドライブは鼻歌交じりで休憩時間なく2時間半で帰りました。
やっぱり、環境の生体エネルギー位置って大事だなと実感できる半日でした。

生体エネルギーの高い環境で、
生体エネルギーのものすごい電気の力で、
バイブレータなどを動かし、コンクリートの中の泡を消していったり、混ぜたり。
シャベルで、コンクリートの型に流したりと、作業をしていくのですが、
最初はへっぴりごしだったと思うのですが、
だんだん腰が入って来て、様になってきたようで、
Kさんに
「尾山さん、なんか、そういうの似合ってますね!!」と褒められその気になり、
さらに「頑張るぞー!!」と調子こいてやってきました。笑
やっばり、こういう運動能力まで引き出してもらえたようです。

そして、アイディアも出てくるんですよね。
はい。
ノータリンな尾山にも、環境が良いと、智慧をいただけるようです。ははは。
60年近い実践研究の、技術の結晶。
やり続けることの凄さってやっぱりあるなぁと。。

そういえば、この前、マツコのテレビに出た「蚊」を研究している高校生さんが、
あの有名なコロンビア大学に入って研究するということを聞きました。
家の一部屋が蚊の飼育部屋として潰されているということで、ぎょっとしましたが
一つのことをやり続けるということの力ってやっぱりすごいなと感動していました。

なんでもいいから、自分にしかできないことをやり続けることで、
一つの単位である「時間」「年月」が経たないと得られない結果を得ることができる。
「途中でやめてしまったら得られない何か」が得られる。
そういうのが、尾山はたまらなく好きらしい。
今まで22年、生体エネルギーをやってきて
「これは、ちょっとやり方まずかったな」
「これは、めちゃくちゃいい視点だ!」とかいろんな経験を積んできて今があるように思います。

例えば、長い期間で、費用が使えない時が出てくるときもあります。
そんな時は、「想い」「意識」「マイナスを消していく」などのやり方で、
加算を稼ぐこともできます。

しょんぼりすることもあるかもしれませんが、
そんな時こそ、今までの情報を変えるチャンスと捉えてやってみる。
とても大事なことと思うのです。
やり方は、人それぞれなのでしょうけれど。

今ここに愛と感謝を。

天気も程よい気温で、晴れていて。。
恵まれた一日だったようです。ありがたやです。



by tokushu999 | 2018-07-28 23:35 | 生体エネルギー実践記録

「ちぢち」が最近立て続けに・・

ここ何ヶ月かで、ちぢちが売れています。
しらべの人と動物の生体エネルギーアップ16倍以上ということと、
カバーできる空間の範囲が広くなりました。(一辺1000mまで伸ばせますが、その範囲内では力がどこも均一です。)

四角の生態系という範囲を作り、その中に入った人と動物の能力を極端に引き出す、というものです。
もちろん電磁波も、この中に入ると変わります。
(結界みたいなイメージですが、結界とは仕事内容が全く違います)

さて、その「ちぢち」は、
しらべ用
しらべS用
しらべE用
しらべES用
と、種類別にありますが、
どれにしようと迷った時は、その方の目的次第ですのでご相談くださいね。


(生体エネルギーに馴染みがない方は、この価格にびっくりさるかもしれませんね。
これは、生体エネルギーを実践して行った方で、実践結果に満足されたり、
簡易実験やデータなどで、自分のお仕事に必要と判断されたりした方が、
次のできることを増やすために増設するレベルのものとお考えください。)


Iさんは、だいぶ前に導入されてますが、
「仕事場で、人との関係がスムーズになったんです!
それと、仕事の質も変わって来たように思います」
とのことでした。最近、お子さんにも嬉しいことが起きたとのことでした。
(いろいろ解決しなくちゃならないことはあるそうですが、なにせ時間とともに能力の成長率がありますから、乗り越えられるキャパも広がっていくでしょうね!と推測します。)

Yさんは、近隣地域も範囲に入っちゃっているのですが、
そのお向かいさんのバラの花の生育状況が生体エネルギーしらべの範囲に入っているところと、
入っていないところで、明らかにバラの生育が違うと感じたそうです。
これは、バラに直接は生体エネルギーの能力アップはされないのですが(しらべは、動物なので、植物には直接的にはアプローチしていません)
バラをお世話している人の能力が上がりながら、バラの世話をしている範囲と、そうではない範囲に変化ができたのだろうという推測が成り立ちます。
また、玄関前のさくらんぼに、なぜか今年は毛虫がつかなかった、、というご報告もいただきました。
しめしめ・・笑
生態系を変えることの面白さですよね。


Hさんは、体験を早速レポートに書いてくださいました。
以下、Hさんからのご報告をそのまま載せさせていただきしまた。
文字の大きさの変更ができなかったので、苦笑)
読みづらかったらごめんなさい。
そのほかのご報告は、また次回に。。。

今ここに愛と感謝を。


今日は山口から来られた施術家の先生に、私の治療をして頂きました。

先生は40年以上、県の職員として、肢体不自由児や障害のある方の施術に当たってこられていた超ベテランです。

私の訴求は歩きすぎて股関節周りの筋肉痛、ヒコットウ(膝の外側の骨)の痛みでした。体のどこに問題点があるか、股関節の可動域などのチェックをして施術開始。(痛みがあるところが悪いとは限らないからです)

1時間後・・・私の股関節の可動域は2倍以上になりました

これに一番驚かれたのは施術をされた先生でした。

「今まで施術を何人もやってきているが、このように変化があったのは初めてだ!」「これはこの環境のせいですね~。素晴らしい!」

と言われました。

先生は当然「否定」「卑下」「他責」「執着」ということはされません。

全肯定を心がけていらっしゃいます。

患者さんから何か嫌なことを言われても「あ~そうなんだ~」と受け流され

否定をされない方です。

感謝・平和・愛というものが備わっていらっしゃる方です。

施術の時も「自分の思い、感情を施術に入れない、無になる」ことを意識されています。

この様な状況の中で、股関節の可動域2倍以上」という結果を生みました。

「全肯定をすることそして、否定 卑下 他責 執着 悪口などはしない」   です。

この様な素晴らしい環境の中で、多くの患者さんが目的意識を持たれ、

日々を過ごしていただけたら、必ず変化があります。


by tokushu999 | 2018-07-22 18:54 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30