山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

2012年 09月 03日 ( 2 )

今日は埼玉に・・・

今日は、埼玉のお客様のお宅を拝見させていただいてきました。
(診断のためです~)

素敵なお宅でしたよ~。
陶芸家の奥様は、とても気さくで、作風がインスパイアされたものだとしか言えないものばかりで・・・。

トトロが出そうな、素敵な林もあったりして、
「こういうところに住みたいな~」と思わせるようなところでした。

しかし、いつも思うのですが、ちゃんと現場に行くと感覚でわかるのです。
足がつったり、
左がしびれたり、
両手がしびれたり、
耳に、ポーンとなったり、

いろんな方法で、私にお知らせをしてくれます。
とても楽しい時間です。(笑)



外環に乗って、都ちゃんと行きましたが、行の車の中で
ハリコ(うちの車、ハリアー)に、いつも助けられる、という話をしていったんです。



そして、帰り道。
ハリコを動かした途端に、調子の悪さに気づいた。

明らかに、ハリコのハンドルと、エンジンルームの音がおかしい。

どうした??
大丈夫??

話しかけながら、いつもありがとうと言いながら、高速を降りました。

高速はまったく問題なくなっていたのに、練馬インターを降りると、
「ががー」と悲鳴が。

こりゃまずい、と、即ディーラーにもっていった。

見てもらうと、「よくここまでもちましたね~」
パワステのオイルのところに大きな穴が開いてしまってます。
ほら、油がでてますでしょ?
修理です」

と言われました。

最初は、ショック!
私の相棒が~!!と悲しくなりましたが、
はたと気づきました。

ああ、途中で、倒れそうになったのに、この子は頑張って、安全にここまで連れてきてくれたんだ・・・。

ちょっとポロリ・・・
ありがとうね。ハリコ。
ちゃんと、治してもらおうね。

\(◎o◎)/!はっ!!
ああ、でも、車がないと困る。
私が営業さんにお願いしてみたが、代車はいつものように、「無いです」のバッサリセリフ。

ためしに、主人に営業さんに電話をしてもらったら、なんと、代車クラ〇ンを貸してくれた・・・。
え~!!

・・・うれしいけど、いつものことだけど、
なんでこの社会って、女性が頼んで駄目で、
男性が頼むとオッケーなんだろう・・・。


さっき、私には、駄目だって言ったじゃないか~!!
(-"-) 

ま、いいか。
有難くも貸していただけたんだから、小っちゃいことはキニシナイ、キニシナイ。

セダンも乗り心地悪くないな~・・・とまんまと、ディーラーさんの戦略にはまりそうなわたしなのでした。
ちゃんちゃん。
by tokushu999 | 2012-09-03 20:27 | 生体エネルギー実践記録

グリーンライフ様での生体エネルギー体験会

昨日は、グリーンライフ本部さま主催の生体エネルギー体験会でした。

今回は、人数も多く、お子様もたくさんいらしてくださったので、とてもワイワイとした雰囲気になりました。

しかし、尾山は緊張しいなので、ちょっと手間取っちゃいましたが、
皆さま柔らかい雰囲気の方々ばかりで、とても楽しかったです。


さて、今回は、電磁波の影響の怖さを、また思い知らされた感じです。
全てを電磁波被害と思ってもいけないのでしょうが、
ここまでいろんな話を聞いてくると・・・
やはり警鐘を鳴らす役目を感じてしまいます。

お子さんの能力を守っていくため、
また、お子さんの能力を伸ばして行くためにも、
いろんな意味で電磁波とのお付き合いの方法を見直していくこと、お勧めです。



いつもとてもおいしいハンバーグをいただくのですが、
これは、ラジエントヒーターで作っていただいてます。
ラジエントヒーターの料理体験会もあるところもありますから、
ぜひ、体験していただきたいと思います。


尾山は、いつも話に夢中になっちゃって、
ごはんが途中になってしまいます。

お客様との一期一会かも!と思うと、食べることもついつい忘れてしまいます(笑)
(-"-)
もったいない・・・。うっうっ・・・。

全国を回らせていただいて、いつも思うのは会社さんによって、全くお味が違うということです。

優しい味だったり、
がっつり系だったり、
パンチきいていたり・・とさまざまで、
本当に、「お客様に喜んでいただきたい」という心が伝わってきてしまいます。

従業員さんたちが、一生懸命作ってくださっているのですが、
普段、そんなに大量のごはんを造ることがないので、
「前日、練習したんです」
とか、
「付け合せを、これが合うんじゃないか?って考えてみたんです」とか、

こういう食にも、一生懸命作って手を抜かない、従業員さんたちは、
本当にお客様の為にされていることなんだと思うと、
感動してしまいます。

当然、そういう食事をされたお客様は、
笑顔。

「おいしいっ!」

と、子供さんが、もくもく食べているのを見ると、
こちらまで笑顔。

一緒に食べていると、和みますし、
皆さま、いろんなことを本音で語ってくださいます。
また、逆に、励ましていただいたりもします。
有難いことです。

食事を共にするということは、とても大事なことだと、改めて思いました。

皆さま、ありがとうございました!!
by tokushu999 | 2012-09-03 09:39 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31