人気ブログランキング |

山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

携帯用しらべじんのご報告と思ったこと。

先日、携帯用しらべじんの話を書きましたら、あっという間に無くなりました。
(検討で迷っていらっしゃる方の分は、ちゃんと確保しておりますのでご安心ください。
もしもその方たちが、くきみにする場合は、在庫出るかもしれませんが・・・)

先日、携帯用しらべじんについて、Yさんからまた面白いご報告をいただきました。
逆子についてです。
赤ちゃんは、お腹の中で下を向いているのが正しい姿勢と言われていて、逆に天を向いていると逆子と呼ばれているのですが、Yさんの娘さんの場合は、9ヶ月目で、何度か整体に通ってアプローチをかけていらして、その整体で一度治ったことがあったそうですが、次の日に元に戻ってしまったことがあったそうです。

Yさんは、早速ご自分の「携帯用しらべじん」を娘さんに貸して、
ご自宅に導入したばかりの「きわみの水(MS-V型)」の水も娘さんに持参して飲んでもらったそうです。
すると、数日しか経っていないのですが、今回は逆子が治ってそのままいるとのことでした。

興味深いのは、前回の整体では、赤ちゃんが動くのを拒否して回ってさえくれなかったとのこと。
そしてその整体の先生が(じんを持参のとき)「なんか今日は体が変わったね」とおっしゃったそうです。
面白いですね、本当に。
このまま、そのままでどうぞよろしくお願いいたします!(願うー!)

このYさんの娘さんのお宅には、しらべが1台あります。
お母様が貸し出しされていらっしゃるのですが、
しらべ1台だけでなんとかなればいいのですが、生体エネルギーやアプローチする幅が足りない場合もあるということです。
自分の体や、環境に、生体エネルギーがどれだけあるかなんて測れないから、悩ましいところです。

また、アプローチ方法の種類を増やすことで、別の情報ががつっと動く、と言うのでしょうかね、
因子をたくさん使うといいとも言いますが、
(簡単に言いますと、電気の因子でも熱にするのか、光にするのか、振動にするのかで、できる仕事内容が変わることだったり、電気だけではなく、水を使ったりすることだったり)
だから、佐藤先生は毎年いろんな資材を進化させて、より深く、より広いアプローチを探って研究し続けていらっしゃるってこともある側面から見たら言えるのかも。
お金も時間もかかりますね。
最近の日本の研究機関の研究費用が、他国に比べて国で出してくれる予算が低すぎることを報道していましたが、
研究って本当にお金がかかることなのだと思います。

さて、話を戻しますが、
簡単に言ってしまえば、自分にその情報を動かせるだけの生体エネルギーの質と量があればいいのですね。
しかし、残念ですが、環境は劣化し続けていることもあり、
人間生きている上で、知らず知らずにマイナスを抱えたり、
食べたものがマイナスしていたり、
人からのマイナスを頂戴したりすることがあるものです。
そのマイナスを、自分の力でなんとかできる能力者もいらっしゃるのですが、
かよわい私のような人たちは、笑
一つずつ、見極めてアプローチをかけていくこともとても大きな足し算となるのです。

その時に、お金をかけなくても生体エネルギーアップできる方法もあります。
愛と感謝。懺悔とgive。
あとは、いつもニコニコと♪


今ここに愛と感謝を。

a0159393_18462438.jpg


by tokushu999 | 2018-12-29 18:44 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30