山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

携帯用しらべ「じん」の実力と機関紙に乗ったデータ

携帯用しらべは、1000台限定の商品だったので、展示会当日に予約にてあっという間に売れてしまいました。
噂を聞いていたお客様は、尾山にご連絡いただいたりしていたのですが、
尾山はちょっと多めに取っていたので、いろんな必要な方に徐々に行き渡り、あと数台で終了です。

ああ、この資材に関して書きたいことが山ほどあるのですが、、、書けない。。。
このジレンマよ。。。
やっぱり、お客様専用ページの復活をした方がいいかなと考えたりもしています。

取り急ぎ、じんについて「こういうことがあった」というご報告を、、、
Mさん「どうも仕事が忙しくなってしまった」
Hさん「育ててる人が営業で6件とれたのでフォローが大変」
Yさん「お店が忙しい」
Yさん「(とある難しいオーディションに)合格した」
Yさん「なんだか、物事がスムーズにいく」
など、、、。
でも、これは、話半分で聞いてくださって結構ですよ。
証明しようがないので、、、、
超万有引力という情報は、その人の目的によって現象が変わるのでしょうし。

生体エネルギーを22年実践してみて思うのは、
本物はすぐに何かしらの現象を見せてくれる、ということです。
佐藤先生はいつもお会いしても一本筋が通っていらして、(失礼を承知で書いちゃいますが)
常に目的がブレずに研究され続けてます。
主に土壌学で、それは環境学に通じているのでとても盤石なのですが、
その目的は、「人類自然から求められる技術であること」です。
その土を撒いて自然は喜びを表現してくれるのか?
そして、その上に立った人が、自分の能力を存分に引き出して、おもいっきり生きれるのか?
その電気を使って、人の能力が引き出されるのか?
その水を使って、それが流れた先の海が元気になるのか?

これが、全国での多くの実践者が土壌で、川で、畑で、鶏舎やいろんなところで感じて
川には、ヤゴが住み、あゆや鮭が遡上して、
工場の排水溝のところに蛍が飛び、
田んぼには白鳥が降り立ち休む。

生体エネルギー資材は企業様用の高額のものもありますが、
一般家庭用の素晴らしい商品もたくさんあります。
今月の真和(生体システム実践研究会の機関紙)に、今年の秋期特別セミナーで発表された清水名誉教授をはじめとするデータが載りました。(しらべシリーズや、大豆のデータ)
これはとても珍しいことですが、ここまで盤石なデータがあるということを、
堂々と語れる時代が来たのだなぁと、感動したのでした。

ご希望の方は、ご連絡くださいね。
そして、この技術を畑や工場、そして、ご家庭で実践してみたい方は勉強会をのぞいてみてください。
いやいや、そういう勉強は苦手だし、ちょっととっつきにくい、、という方は、
力のある、仕事をするお野菜や農作物、畜産物から、海産物を食べてみたらどうでしょうか?
ご希望者さんには、カタログをおおくりいたします。

質の良い食は、あなたを質よく作っていくそうですよ。

今ここに愛と感謝を。
a0159393_20523428.jpeg

猫を飼ってる人のあるあるネタ
クリスマスツリーの飾りがボロボロになる。。







by tokushu999 | 2018-12-25 18:32 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31