山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

おもしろい本に出会う

このコーナーは、意外にも反響が大きいのでとても嬉しいです♪

最近、というかここ何ヶ月かですけど、読んで衝撃の本がありました。

「ユージニア」恩田陸さん

a0159393_21003723.jpg

羽田空港、(JAL便 )3番搭乗口付近の本屋さんで見つけました。
見つけた時、本当に小さくガッツポーズしてしまいました(笑)
そ恩田先生は、推理小説もすごかったです。

人間くささがただ漏れで、
一人一人の背負う背景が厚い。。
これは、蜜蜂と遠雷 でもそうでしたけど、今回のはミステリーです。


こちらは、やっぱり家で読まれるか、
電車などでしたら、マスクしながら読んでほしいです。
原田マハ先生の「永遠をさがしに」
a0159393_21005696.jpg

泣ける。
いきなり目の裏が、ぎゅーっ!っとなり、涙です。。。
最後の方が駆け足っぽくなってる気がして、もっともっと長くても良かったなぁ、、と、
この主人公たちと、もっと長く一緒にいたかったです。。。




あと、こういったら誤解を受けそうですけど、
気楽に字面を追って楽しむ小説でした
「あの家に暮らす四人の女」三浦しをんさん
a0159393_21011447.jpg

お互いの性格や、特徴を認めながら、
探りながら、
遠慮はあるけど、寂しくはなく、
お願いはするけど、厚かましくはなく、
それは、4人の女性で「女という協調性能力の高い生き物が、そうはいっても相性はあるもんね、的な、絶妙な関係性」の日常を淡々と描いてるんですけど、途中でいきなり面白い展開になっていきます。
どっちかというと、ジャンルはSFじゃないの?
と思わせる面白い本でした。


そして、小説ではないですが、今回のドラマで、特筆すべき
「僕らは奇跡でできている」
これは、本当に予想通り面白いです。
ステキなお話しで、やっぱりポロリときます。

お時間ある方は是非どうぞ!

今ここに愛と感謝を。


by tokushu999 | 2018-11-20 22:45 | 映画・DVD・演劇・本・芸能・美術館
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31