山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

長野での秋期特別セミナー1

久しぶりの投稿です。
本当に怒涛の日々でして、、、。

11/9-10まで、長野県の東御市にて、生体システム実践研究会の秋期特別セミナーがあって行ってきました。

尾山のお客様も、遠くは広島や愛知、岩手、埼玉、川崎、
神奈川や千葉、、、といった全国からいらしていただきました。

感想は様々でしたよ。
初めての方は、
「データについては、すごいなと本当に思った。」
「農業者さんのお話はとてもよくわかった」
「電気の質疑応答がよくわからなかった」
「携帯用しらべじんって何?」
「野菜って質があるって本当だったんだね」などなどです。

長年実践しているお仲間は、
「今回の佐藤先生の話は、わかりやすかった」
「また資材が進化したのか」
「やっぱり、勉強会になるべく出たいなぁ」
「佐藤先生って、いつも変わらず若い」
などなどです。


本当に、人の視点や目的って様々なのだな、と思います。
目的は、その人を作っている、といっても過言ではないのかもしれません。

生体エネルギーを世の中の一つの技術として、日々楽しく使っていらっしゃる方は、
それの継続でいいわけだし、
しかし、この技術を使って、自分の産業でできなかったこういうことを、「できる」に変えてみたい!
という方にとっては、すごー!!と感動できるレベルのものです。
本物は、結果に嘘がありません。

これさえ使えば良い

なんてものは、ないと思います。

【これを、この時に、この量を使って、
そして、時間を見て、またこのレベルまでいけたら、次にはこうしたらこうなる。

土壌学からの技術だから、
アプローチ方法をちゃんと考えて着実に一歩ずつやっていけば、
できる、が見えてくる。
簡単なことだけではないかもしれない。
しかし、一つずつ継続していくことで、やっぱり変わるし、
それを経験した時に、「へえー!!」と感動がやってくる。


この技術は人を騙そうとしているものでは全くない。
どうやったら、この環境劣化を優勢に変えることができるのか?ということを真剣に長年研究されていて、
実際に大学の研究機関で証明されている。

世の中には人を騙そうとするものもあって、その手口を聞くと本当に驚愕するのですが、
それはそれ。
自分がただ、どう生きたいか?だけを見ていけば、いいんじゃないかなとおもう今日この頃です。
そう。ちゃんと本物は答えを出すもの。
堂々と実践していこうっと。


今ここに愛と感謝を。




by tokushu999 | 2018-11-12 21:35 | 生体E勉強会etc
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31