山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

携帯用しらべ「じん」

この前の展示会に出た方に購入の優先権のある「携帯用しらべ じん」ですが、
展示会当日に、限定販売の1000台は予約で埋まってしまったようです。

初回のロットが、やっと今度の火曜日に来るようですが、
出来上がった数が足りないようで、少しずつの発送になると連絡がありました。

「じん」は超万有引力情報ですので、能力や見た目にどういう違いがでるのか
とても楽しみです♪
使ってみての感想をレポートしますね!

生体エネルギー資材は常に進化しています。
「進化が止まることは劣化だ」
と常々、佐藤先生はおっしゃるのですが、それは言い得て妙だなと。
自然が進化して(劣化もして)
その渾然となった世界で生きている時、自分の能力が問われるのだなと、つまり、
様々な環境に対応できる能力をつけられるか否かってことも、
この生きている意味の一つでもあるのかもしれないらしいです。
それは、ずーっと前から、佐藤先生がいろんな言い方で教えてくれていたことなのですが、
ある意味鈍感な尾山は、やっと「ああ、そうか。。」と気づくわけです(笑)


進化とは、「できないことができるようになること」
少しずつ、文明が進んで、空を飛行機で飛べることも進化ですけど、
人自体の能力進化を問われている。
(電磁波に対応できる体づくりだったり・・・云々)
食で作ったり、
環境で作ったり、
生体エネルギー資材で作ったりと、
いろいろできる資材があることに、感謝だなぁと。
私が考えられなくても、考えてくださる人たちがいて、それにあやかれる。
それにあやかれたわたしに、何ができるのかしら。。と考えさせられる日々です。

っていっても、毎日、ぎんぎんに考えているわけではないですけどね。

イチョウの大木が、風に揺れているのをみている時だったり、
ひっくり返ったカナブンの体を、小枝で戻したりする時思うことだったり、
秋風が吹いて、もうすぐ冬が来るんだなと、懐かしい気持ちになったりする時、
生きている不思議を思います。
繋がっている凄さに感動するわけです。

まあ、年をとったんじゃね?と言われればそれまでですが。おほほほ。。。

今ここに愛と感謝を。





by tokushu999 | 2018-10-19 23:38 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30