山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

宇都宮から藤枝へ

この土曜日は、宇都宮での無添加計画の宇都宮OFFICEさん主催で、
日曜日は、大井建設様主催での「風水・健康セミナー」で行ってきました。

土曜日は、満員御礼、ぎゅうぎゅう詰めの展示場に、みなさんでいろんな話で盛り上がりました。
得聚(とくしゅう)のHPにも載せさせていただいている、
生体エネルギーの力丸コンクリートのコースターをプールに入れただけで、
「藻」が出なくなり、掃除がしやすくなった、というあの学校の先生もいらしてくださいました。
その後日談で、他の学校でも実践していただいたそうですが、結果はとても良かった!!とのことでした。

そして。。。なんと、オタマジャクシがたくさん育っちゃった。。。
という後日談も。

つまりは、自然の生物が生きれる「生態系」を確実に作るという結果となったのですが、
オタマジャクシは、ちゃんと逃してくださったとのことです。
また、宇都宮の今の寒さで、ミニトマトが未だに路地で取れている、
パプリカもほらこの通り!
と、お写真を見せていただきました♪
(あー、お写真、いただけば良かったなぁ。。。)

生体エネルギーの凄さを実践してくださっています。

そういえば、この前の秋期特別セミナーで、山梨ですんごい桃を作っている
(触ってもつぶれにくい、また、切った後、茶色になりづらい←つまり酸化に強い桃)
芦沢さんが、
「この技術は農業の技術なんですが、
30年ぐらい前のこの実践研究会では、失敗を報告する会だった」
というお話をされていました。

佐藤先生は「どれをやって失敗したか?」に着目されていて、
それをどうやって克服するか?
を日々研究されていたというのです。
いやー、すごいです。
それがあって、現在の「こうやったら、できる」がある。
それで、素晴らしい実践結果が、日々報告されている、ということになるわけです。

ゼロ宣言の家は、今は、生体エネルギー技術ではなく、独自の技術を使っていらっしゃいますが、
毒がゼロ、というところがやっぱりすごいなと思うのです。
合板を使わないということが、どれだけ体が楽になるか?
それは、一つの大きな足し算だなと思います。
毒を消すのに、どれだけの生体エネルギーを使わなくてはならないか、、、。。。

そういうところに、一つずつ、好きだったら生体エネルギーの技術を足していく、
形という点の風水を取り入れる、
(生体エネルギーでは、風水ではなく、じんち論を取り入れてます)
好きなところから、一つずつ足していって、土地や家とともに成長していくといいのかなと思います。


藤枝では、リピーターの方が、とうとう建て替えを始めるという方の風水相談にのりました。
とても楽しそうで、こちらまで嬉しくなってしまいました。

みなさんの家は、自分の能力を引き出す場となっていますでしょうか?
ともに助け合ってくれる環境となってくれているでしょうか?
何かを使う、使わないを別として、
家や土地を愛して感謝を伝えると、とても共鳴してくれると思います。
人でもそうですよね?
誰が嫌われているとわかっていて、その人のために働くのでしょうか?

「ああ、大事にされているのね、感謝もされちゃっている!
私、なんだか楽しい! もっと頑張っちゃおうかしら!!」

こう思うのは、人だけではなく、土地や家もそう感じるようです。
そう思うと、楽しくなりませんか?

今ここに愛と感謝を。



# by tokushu999 | 2018-11-19 19:32 | 生体エネルギー実践記録

岐阜と町田へ

長野の秋期特別セミナーの次の日は、岐阜の無添加計画様主催の風水と健康セミナーで行ってきました。
本部の風水担当の方が残念なことに退職されたので、
次のご担当の方に風水の説明もあったので、帰りは遅くなってしまいましたが、
たくさんのお客様にいらしていただきまして良かったです。
また前回、いらしてくださったお客様が、勉強の成果を発揮されていて良い土地を見つけられていて、
セミナーの甲斐があったなぁ、、としみじみ感動していました。

いつも生体エネルギーのレモンや醤油の実験をするのですが、
「なんで毎回、こんなに目の前で、味が変わるんですか?」
と聞かれましたが、
へ?
本物は、当たり前に変化するでしょう?
と、ちょっと不思議に思いました。

実験、実践には、ちゃんと条件を揃えます。
対象区も条件を同じにして、
生体エネルギーの磁場を加えただけで、どのように変化するのかを見ます。
そして、目の前で変えられなければ技術ではないと、
佐藤先生はおっしゃいます。(生体エネルギーの先生です)
佐藤先生は実際、圃場(農場)にいって、現地で
「これとこれとこれが足りないね」
と微量要素の不足がすぐに分かってしまうそうです。
すごいなぁ。。。
放線菌とか、匂いでわかるのはなんとなくわかりますが、
いかに長年、土と向かい合って対話されていらしたのかがわかる話です。
また、そういう丁寧に作られた作物を食べ続けると、どうなっていくか?
というのは、60年近い生体エネルギーの技術ですから、
全国に実践者が山ほどいますから、実践した方に聞いていけばいいのです。

それと前提条件は大事になります。
ものすごくマイナスをしている土地、
何か、いわくつきの土地などでは、もともとのマイナスを消さなくてはならないので、
その分、多くの生体エネルギーがかかります。
全く何もない土地は、そういうマイナスを消すエネルギーは必要としないので、とても楽です。
生体エネルギーは魔法ではなく技術ですから、当たり前にそういうことが必要となるので、
土壌分析とかされるのですね。

大変すぎる歴史がある土地や、
作物を長年作り続けてしまって、生体エネルギーを収奪しすぎちゃっている土地では、
時間がかかる場合があります。
そう言う時、「これは効かない!」と決めつけるより、自分の縁のある土地が、どれだけ疲れちゃって、
寂しくなっているかということを、ちゃんと分かってあげるのも必要なのでしょうね。

それが分かったら、しめたものですね。
ちゃんと大事に育てて、自分も共に育ち、学ぶことが大事なのだと思います。
自分の代で、できる限りのことをして、次の代にバトンタッチをする。
それは、良いことなのではないかなと思います。


また、町田に風水鑑定の土地探しにも行きました。
しばらく土地が自由にしていた土地は、とても軽やかに感じました。
後ろの御宅の方とも楽しくお話ができて、
ああ、良さそうなところだなぁと思ったのでした。

しかし、土地がとても良い場合でも、何もない人生はないわけです。
土地があなたの味方となって働いてくれるのか?
一緒に、人生のその時を歩んで、一緒に乗り越えてくれる戦友となるのか?
それは、自分の心や視点にかかってくるのではないかな?と思います。

今ここに愛と感謝を。



# by tokushu999 | 2018-11-15 18:31 | 生体エネルギー実践記録

長野での秋期特別セミナー1

久しぶりの投稿です。
本当に怒涛の日々でして、、、。

11/9-10まで、長野県の東御市にて、生体システム実践研究会の秋期特別セミナーがあって行ってきました。

尾山のお客様も、遠くは広島や愛知、岩手、埼玉、川崎、
神奈川や千葉、、、といった全国からいらしていただきました。

感想は様々でしたよ。
初めての方は、
「データについては、すごいなと本当に思った。」
「農業者さんのお話はとてもよくわかった」
「電気の質疑応答がよくわからなかった」
「携帯用しらべじんって何?」
「野菜って質があるって本当だったんだね」などなどです。

長年実践しているお仲間は、
「今回の佐藤先生の話は、わかりやすかった」
「また資材が進化したのか」
「やっぱり、勉強会になるべく出たいなぁ」
「佐藤先生って、いつも変わらず若い」
などなどです。


本当に、人の視点や目的って様々なのだな、と思います。
目的は、その人を作っている、といっても過言ではないのかもしれません。

生体エネルギーを世の中の一つの技術として、日々楽しく使っていらっしゃる方は、
それの継続でいいわけだし、
しかし、この技術を使って、自分の産業でできなかったこういうことを、「できる」に変えてみたい!
という方にとっては、すごー!!と感動できるレベルのものです。
本物は、結果に嘘がありません。

これさえ使えば良い

なんてものは、ないと思います。

【これを、この時に、この量を使って、
そして、時間を見て、またこのレベルまでいけたら、次にはこうしたらこうなる。

土壌学からの技術だから、
アプローチ方法をちゃんと考えて着実に一歩ずつやっていけば、
できる、が見えてくる。
簡単なことだけではないかもしれない。
しかし、一つずつ継続していくことで、やっぱり変わるし、
それを経験した時に、「へえー!!」と感動がやってくる。


この技術は人を騙そうとしているものでは全くない。
どうやったら、この環境劣化を優勢に変えることができるのか?ということを真剣に長年研究されていて、
実際に大学の研究機関で証明されている。

世の中には人を騙そうとするものもあって、その手口を聞くと本当に驚愕するのですが、
それはそれ。
自分がただ、どう生きたいか?だけを見ていけば、いいんじゃないかなとおもう今日この頃です。
そう。ちゃんと本物は答えを出すもの。
堂々と実践していこうっと。


今ここに愛と感謝を。




# by tokushu999 | 2018-11-12 21:35 | 生体E勉強会etc

お客様からのご報告から教えていただくこと

先日、お客様からご相談の連絡がありました。
内容を簡単にご説明しますと、
このかたのお母様がこの何日間か耳の後ろが痛くて眠れていない。
若いときに、痛いことがあった箇所だけれど、痛すぎて眠れないというのは初めてのこと。

このお方のご自宅は、0宣言の家仕様に、素晴らしい生体エネルギー加算されたところです。

お話を伺って、尾山はお医者ではないので、病院に行かれることも大事なことと、
いつくかのご質問をさせていただきました。
その上で、なんとなく感じた私がそういうとき、どうするかということをお返事いたしました。

すると、その何日か後で、このようなメールをいただきました。


尾山さんのアドバイスをいただき
早速、キャンドル・ウォーターミスト・CDを使用したところ
その日は、一度も痛くならず、痛み止めも飲まなかったようです。
そして、今日まで、大丈夫でした!!
3点、試した瞬間、家の環境が確かに変わったのが
わかりました!
姉が、夕方家に帰ってきた時も、家に入った瞬間
気持ちが良かったと、何かが変わったのがわかったそうです!
二人で、尾山さん、すご~い!とビックリでした^^。
素敵な家に住まわせてもらえているのに、住人の能力が
追いついていなくて・・・ですね(涙)。

先ほど、お願いしていたものが届きました。
キャンドル、沢山ありがとうございます^^。
グラスキャンドルが、販売中止になってしまったので
今回は保存していたものを使用しましたがあと一個しかないと
ケチっていました。
尾山さんからいただいたので、とても嬉しいです!
中澤さん家のきなこも、毎日飲んでもらいますね!

すっかり環境をよくすることが、頭から抜けていたので
尾山さんからのアドバイス、本当にためになりました・・・。
初心に帰らねば、、、。
いつも、ありがとうございます。
また、何かありましたら、ご連絡させていただきますので
どうぞ、よろしくお願いいたしいます♪




本当に良かった良かったと、尾山も安心したのですが、
とても素晴らしいお話だと思いましたので、ブログにのせてもいいかと聞きましたところ、
「お役に立つならば」と快諾してくださいましたので、今日お伝えしたくて。

環境を整える→「場を作る」というような言い方を生体エネルギーではするのですが、
この場づくりをしていくと、それだけで大丈夫になっていくことも事実なので安心しがちになってしまうのですが、
こちらの実践には、何点か注意すると良い点を教えてくださっています。


生体エネルギーの場づくりは、その老いが極端に進まなくなるのもみなさん実感されてますし、
能力が引き出されることも実感するところです。
実際にこちらにお住まいの方は、もともとお綺麗な方なのですが、
さらに肌に透明感が出られていらしたなぁと思いました♪

・・・では、なぜ、その環境にいながらにして痛くなったのか?

問題はそこですよね。

一つ目の気をつけるべき点は、
「自分の想い」ってかなり強い仕事をしますよ、ということです。

とても真面目な方に多いのですが、
責任感が強くて、いろんなことを自分のことを無理を押してでもやってしまう場合は、
やっぱり疲れてしまう。
疲れっぱなしだと老いが早くなるのですね。

また、不安な方も注意した方が良いです。
不安材料がないと落ち着かないという、昔の尾山がそうでしたので、とても分かるのですが、
それは、病気を作るだけで、何も得しません。たはは。。やめましょうねぇ。

それから、怒りすぎるのもねぇ。。。
がっつりと生体エネルギー落ちますから、猛省です。。


すべての存在が「老化に向かっていきている」ということは当たり前のことで、
それは仕方ないことですけど、さて、若いときに出ていた嫌な体の現象が、ちょっとした疲れで出て来ることがありますよね。
たとえば、尾山の場合は、疲れすぎると卵巣が重くなるんです。
「あ、しまった。最近無理しすぎたんだな」とか
「この問題で落ち込みすぎたんだな」と反省して、消していくのです。

つまり、気をつける二つ目は、「老い」「疲れ」は、生体エネルギーを使いすぎたときにやって来る、
疲れると、以前に治った現象がひょっこり顔を出す、という点です。

そういうとき、どうするか?
そうです!
反省と懺悔と(笑)
それから、目的の見直しだったりするのですが、それは、また別の機会にということで、、、。


がっつりと、オリベックスクリームを塗ったり、
やす丸や、ウォーターミストで、環境をぎゅっとアップしたり、
グラスキャンドルで、自分で作ってしまったマイナス的な情報を、プラスに転換する。
すると、この方のようなことがおきるということになります。
さて、このかたの場合は、素晴らしい環境が作られているので、
スムーズに早く変わったのね、ということも言えるのです。
そうそう、そして、尾山がアドバイスしていなかった生体エネルギーのCDをかける
(環境CD)っていうのも、インスビで実践されたそうです。
場が作られていることの利点ですよね!!
意識すると、バンバンふってくる!!

それに素直に実直に淡々と実践されるってなんてエネルギーが回るんだろう!!って感動します。
ここに愛があるもの。素敵です♪


これが本物のお仕事ですね。
今回も勉強になりました。
ありがとうございました!

今ここに愛と感謝を。








# by tokushu999 | 2018-10-30 21:13 | 生体エネルギー実践記録

新米が来るー!!

秋。
芸術鑑賞、読書も良いけど、やっぱり「食」でしょう。

この前タクシーに乗ったら、運転手さんが
「秋ですよ、秋!」
と、やや興奮気味に話しかけてきた。
何か楽しみがあるのですか?と聞くと、その運転手さんは大声で
「栗!!栗の季節です!!」
あー、確かに!!
炊き込みごの栗は最高だが、
あらかじめ剥いてある栗の瓶詰めのものを使うのと、とれたての栗の渋皮を頑張って剥いて炊き込んだご飯とでは・・・
全く味の次元が違う!!

そのように、二人の意見は一致した。
そして、お金を支払って降りる時、目を見ながら二人はうなづく。
「面倒でも栗むくぞー!!」←これは、心で叫びました。
(多分、運転手さんも同じ事を思っていたはず)

さて、人々をこんな風に浮き立たせる、そんな美味しい季節。
皆様が大ファンの「生体エネルギー米」の新米の季節です♪
古米の方が、生体エネルギーが高くなるので体にはオススメですが(環境が良ければの話ですが)
いやはや。
新米って、やっぱり食べたいじゃないですか!!
今日から、
のお米、新米も申し込めるようです。早坂さんのところの水穂の会!
ってとは命仁もですねぇ!
はー。楽しみ♪
もう注文しちゃったもん。
あ、この前、展示会で中野さんのお米も頼んじゃったし、、、
やばい。まるっとしてしまいそう。。。
しかし、お米で眠りの質が良くなるって、すごいと思いませんか?
他のお米は無理だったけど、このお米のおかゆならば食べられたというご病気の方。
やはり、体が欲するものって、理屈じゃないよね。
全身で「必要です!そのお米!!」
と言わせる力があるわけですもんね。

ありがとうございます!

今ここに愛と感謝を。





# by tokushu999 | 2018-10-22 19:23 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30