山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

日本の半導体技術の第一人者が造る・・

7/14「自然も顧客も企業も栄える経営戦略と実現する技術」
生体エネルギー技術のセミナーのつづきです。

携帯電話充電器「天音S」
電磁波環境維新の技術「しらべ」シリーズ
・・・の数々の素晴らしい技術を世に送り出してきた
有限会社アイ・シー・アイ研究所の
新田雄久 代表取締役所長は、元HITACHIの半導体の研究の第一人者。
その新田工学博士が働いていらした時に、疑問を持ったそうです。
「なんで半導体を造る工場で働く人のお子さんは、女子が多いのだろう。。。」
いろんな働いている人の、さまざまな現象をみて、電磁波の影響力について考えられたそうです。

佐藤先生と初めてお会いしたのが15年ぐらい前だそうですが、
当時は「量子は摩訶不思議な力を持っている」という程度の世の中の研究の結果だったそうです。
その時から「原子間結合力を強めることができれば、量子効果表す範囲が拡張する」
というのは、わかっていたものの、どうやるか?を研究していた時代。
イオン化するのを抑えるというのが一つの手法だけど、それだと完璧ではなかったようです。
(ここらへんは、尾山はちょっと難しくて、、、)
量子を造る時に失われる情報が消えてしまうという、量子コンピューターが困っていた問題さえも、
佐藤先生の技術を目の当たりにした時に、
あれ?これ、できるんじゃない?
に変わったそうです。

この後、量子のもつれ(エンタルグルメント)の話やらなんやらで、、
宇宙は全体的につながっている、、、などなど→これは、一般論です
もー、楽しくなってしまいました。

何か一つの物事を突き詰めていらっしゃる方の話って、すごく面白いです。
全く考え方が違う。
視点もちがうのは、基礎知識の土台の幅がちがうから、
「これもできるのか!!すごいぞ生体エネルギー!!」ってなるわけですよ、、、
そして、造られたのが
「天音・しらべ・命慧」
人の能力を変えていくエビデンスの多いこと!!
今回も、いらした方には、プリントアウトされたエビデンスが配られました。
全てすごいものばかりですが、
今回の話の面白さは携帯充電器ですよ。。
天音Sで充電した携帯電話で、かけた先の人のデータがかわるんですよ。
STAIまで。。。
生体エネルギーを知らなくても、使っている人から電話をもらうと、能力が変わる。。
怪しすぎる!!ではなく、これこそが、量子の摩訶不思議能力を使いこなせている証拠といえるのでは・・
つまり、「宇宙は情報でつながっている」証明ですよね。。。
(もちろんエビデンスは、大阪府立大学の清水先生が取ってくださってます。)

商品の価格が高いとか言われちゃうのがとほほですが、
ちゃんと仕事をするのをやっぱり尾山は信頼します。

もちろん、これだけを使えば全てオッケーなんてものではないです。
宇宙とかいうと、宗教とかじゃない?とか思う方も昔はよくいらっしゃいました。しかしここは、技術開発の研究所。
量子とかを農業畑で考えるって面白いです。
「まだできないことは山ほどあるけど、諦めないの」
という佐藤先生は、根っからの研究者さんのように思います。
農業者さんってすごいです。

今ここに愛と感謝を。


# by tokushu999 | 2017-07-19 17:20 | 生体エネルギー実践記録

7/14のエビデンス

7/14金曜日、東京都の王子にて、生体エネルギーの技術セミナーがありました。
「自然も顧客も企業も栄える経営戦略と実現する技術」

内容は、
生体エネルギーの技術の「電気」「水」「電波」を使うことによって、
驚くような結果が得られて、それが、結果人のためにも自然ためにもなっていますよ、、、
というもの。

もともと農業から発展した技術の生体エネルギーの歴史は、60年近くなるのですが、
今や、電波システムの「しらべ」や、
分電盤の「さとりIH」や、
携帯電話充電器 「天音S」
などのエビデンスを取っていらっしゃる
大阪府立大学 清水教永名誉教授が、
「私たちは、エビデンスをとる立場ですから、中立でいなくてはいけません。
しかし、この技術は、結果を見ると、本当に惚れてしまう技術だと思います!」
とニコニコ顔で、データを発表されていました。
確かに、エビデンスを取っていらっしゃる研究員さんたちも驚く結果ですから、無理もないことです。


さて、それらを実際企業に使ったらどうなっていくのか?

株式会社ジャパンスリーブの金井彬社長の発表も楽しかったです。。。
ジャパンスリーブさんといえば、今やCDジャケット印刷に置いて、
日本市場の3〜4割のシェアをもち、
あの超高級チョコレートGODIVAのパッケージも手掛けていらっしゃる。
現在の工場は島田市にあります。

最初はご自宅に電気と水を、生体エネルギーの「さとり」と「きわみ」に変えたところ、
・室内の空気が柔らかくなった
・風呂のお湯が優しくなった
・冷蔵庫の食品が長持ちするようになった

などなど感じ、すぐに、工場に取り入れたところ、
・印刷工場の特有のインクなどの匂いがなくなった
・印刷の質が極端に向上
・機械の故障や摩耗が、メンテナンスの人がびっくりするぐらい少なくなった

初めて知りましたが、印刷は、水と油の反発作用でプリントできるからこそ、水の力が必要となるそうで、
それに、ここ独自のプログラムを入れたところ、やすやすとクリアできたそうです。

しかし、すごいのが、金井社長のご決断と思います。
東北の震災の後、社員の命を守るため、と海抜の3mの地域から海抜68mの土地に工場移設を決意。
総工費36億円をかけて、2015年3月に完成されました。

生体エネルギーを加算して作られた環境で、印刷の質もアップしたこともあるそうで、
パッケージのご依頼が次々と舞い込んでいるそうです。


社員さんの命を大事にされ、
質の良い製品を目的としていたら、
当たり前にお仕事をいただける、、、

そういう自然の摂理みたいなものを証明してくださる良い実践結果のお話でして尾山はとても嬉しくなりました。
やっぱり大事なことは、社長の目的なのでしょうか。
いずれゴミになるパッケージを、捨てられた後、自然を壊すものではなく
自然を励起できるものの質に変えられる、、だなんて、素敵すぎます。

当たり前に、地球や自然があって成り立つ、産業。
その産業で出る廃棄物や汚水などにもアプローチできる技術、生体エネルギー。

そうそう、尾山のブログを見てくださって、このセミナーを知ってきてくださった方々もいらっしゃって、
ちゃんと発信していくことは大事だなとおもったのでした。
いつもたくさんの方々に読んでいただけているのに、ひさしぶりの更新ですみません。。
このことについてきちんと書かなくちゃと思ったもので、時間ができてからと思っていたら
ずいぶん日数が経ってしまいました。すみません。

今ここに愛と感謝を。


# by tokushu999 | 2017-07-17 17:07 | 生体エネルギー実践記録

魔法の呪文

小さい頃、「おまじない」って好きじゃなかったですか?
私と姉は、小さい頃よく結膜炎にもなっちゃって、
目薬をささなくちゃならなかったのですが、最初、大嫌いで・・笑
こわかったんですよね。目薬が。

すると、母は「大丈夫。おまじないをするから」と、
おまじないをすると、痛く無いのよ、というのです。
頭をひざの上に乗せてくれて、そして、
「マジャラかマジャラか、マジャラかホイ!!」
と歌いながら、脱脂綿を目に当てて優しくマッサージしてくれて。
これがめっちゃ気持ちが良くて!!
そして、痛くないどころか、
それをして欲しいがために、姉と目薬の時間が楽しくなったほどでした。


お腹を壊した時は、
もちろん薬を飲みましたが、
お腹を右巻きマッサージしながら、
「痛いの痛いの飛んでいけ〜!!」と、何かを掴んで天井に飛ばす。
すると、すぐに痛みは無くなったっけ。


大人になった今、呪文は自分で自分にいうようになりました。
「大丈夫。大丈夫。」
大丈夫じゃない局面でも、大丈夫と言い放つ!!

これ、とてつもない魔法の言葉だなと感じます。
不思議と大丈夫になっていく。

呪文は、本当は、誰もが使えるのですから、
「もう、出来ない!」
「なんで私はこうなるのよ〜」とかいう呪文を使っていると、そうなっていく。

お〜こわ。


ところで、「マジャラかマジャラか〜」の呪文は、全国共通だと思っていましたが、
つい最近、佐々木家(実家)のみの呪文だと知りました・・・
お〜どろき〜!!


今ここに愛と感謝を。





# by tokushu999 | 2017-07-11 14:53 | 生体エネルギー実践記録

勉強に終わりは無い

今日は、福岡県の天神の津留建設様の支店にて、風水健康セミナーでした。
雨も午前中で上がりましたが、
甚大な被害に遭われた地域の皆様には、心からお見舞い申しあげます。


セミナー最後に、15年前に佐藤先生にお会いしたことがある方が、
「この写真、いつ撮った佐藤先生の写真ですか?」と。

ん?これは、最近のですよーというと、
「若い!15年前と変わらないです。」
とのこと。
そうですよね。
確かに尾山もそう思います。
佐藤先生はお会いした時のまんまで、
ちゃんと、若返りの実績を積まれてます(笑)
若返り大事!と言ってて、年取ったら、説得力ないもんね。。。
「その当時から、電磁波をプラスにして使うのよー!と言ってたけど、本当に出来たんですね!」
と感動されてました。
嬉しいです。こういうご質問や意見はとてもありがたいです。

佐藤先生は、まずは仮設立てて、実践して、結果を出していきますからね。

出来ないことは、まだ出来てないけど、
未来にこんなことができたら、楽しいと思わない?と常々、新しいことに挑戦されてます。
だから、ほんと学ぶ方は大変です。
常に進化だもの。。。とほほ。

これは風水も一緒ですね。
これだけの歴史があるけど、
環境劣化してきてるから、その分何で補うか?が問われるだけではなく、
流派が多岐にわたるから、何が正解か?なんてことになる。。。
だから自分なりの統計学をもっていくしかない。

誰も、こういった進化した技術とのコンバインドしてないわけだから。
学びは一生ですね。

そして、かえりの電車でお客様がご一緒でした。
何回も出てくださってるその方からのご質問が、
え?!それ何回も話してるけど?
と、愕然とする内容でして。ショック!
そうか、もう少し、話し方を変えようとか改善点がみつかりました。

その方は博多のビアガーデンにいく予定でしたのに、
福岡空港まで見送りに来て下さいました。
ご自分でもこれじゃ、ストーカーだと笑ってまして、ほんとですねと大笑いです。
しかし、大事な気づきをありがとうございます!

今ここに愛と感謝を。



# by tokushu999 | 2017-07-09 18:05 | 生体エネルギー実践記録

博多のお祭り

今日は、風水のご依頼を頂きまして、
博多にやってまいりました。
ご依頼いただきましたご夫婦に、
美味しい博多のイタリアンランチをご馳走になり、お宅に伺うと、
お昼から気づけば17時までずーっといろんなお話に花が咲いておりました。
風水の話だけではない、本には書いてない話しが貴重!といっていただき、心から嬉しいですし、ホッとします。

生体エネルギーの話しや、
気持ちの作り方や因子の変え方、
部屋のお話などもらできました。
風水も、幸せの足し算の一つ。
生体エネルギーも。
家の材質も。
考えかたや、視点や目的も。
しかし、尾山は思うのです。
やはり、ご依頼される方が、答えを引き出して引き寄せるのだなあと。
求めよ、さらば与えられん!ってこういうことなのかも?

だから、誰かが答えを持ってるとしても、
その人が偉い訳ではない
それは通過点に過ぎない答えだし。
だから、自分がなにを求めるかによるのだとおもいます。


さて、博多はお祭りの真っ最中で、
こちらで山車は、「やま」と呼ばれているそうで、
あちこちに、大きなやまが飾られてます。
a0159393_22500854.jpg

そして、このラジオ局で、
a0159393_22500906.jpg

DJ コーさんが、踊ってました!
すごいわぁ^_^
このことに関しては求めて無いけど(笑)与えられました?

今ここに愛と感謝を。

# by tokushu999 | 2017-07-08 22:00 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31