山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

必死さ

ちょっと酔ったので、素直にかける気がして書いておこうと思います。

今日、初のお客様からご相談のお電話をいただきました。
ちょっと前に、セミナーをしたときにお会いしたお客様です。
天音Sという携帯電話の充電器のご注文の前に、
ご相談されたいとのことでした。
ご相談の内容は、
お子さんが携帯電話を使いだしてから、アトピーがひどくなり、
また、仕事に対してもやる気がなく、
いろいろ長続きしない、、というものでしたが、
購入される前だからこそ、お伝えしました。
「これさえ使えばという気持ちは、良くないと思います。
これだけでそれらがすべて改善できるわけではないですよ。
病期の期間が長ければ長いほど、その病期の情報に身体がなれているようなものだから、
それを、一瞬ですぐに解決しようとおもうと、生体エネルギーだけだと費用が大きくかかります。
ただ、一つの生体エネルギー資材を使って、自分が元気になると、
自分の『想い』が良く使えるようになるので、
その加算を使ってみるのは良い手だと思います。
つまり、心配は、マイナスを加算して良くない現象を起こすものです。
だから、どうぞ大丈夫と思ってみてください。気楽に生きてみてください。
命があるだけで、本当に儲けもの、と思ってみて下さい。
それが一つの大きな手助けとなると考えています。
また、その体を作ってしまった原因は、
環境、食、考え方、、、いろんな原因がたくさんあるから、一つずつ解決していく必要があるものだから、一つずつ、焦らずに、確実に実践していきましょう」

とお話をさせていただきました。

「わかります。一つのモノに大きく期待をしてしまいますから、、、
これさえあれば、なんとかしてくれると思いたいものですよね。
費用がかけられないだけに、、、」

尾山はお医者さんではないので、
主婦としての環境づくりを提案するのみですが、
やればできると思わずして、何ができるのだろうか、とおもうのです。


私が21年前、卵巣嚢腫になったとき、
お母さんが、
「大丈夫、やってみよう」
といって、なけなしのお金を私にかけてくれました。
一本4000円もするしれとこ水を買うのは、とても大変な家計でした。
1個15000円するオリベックスクリームを使うのは、
食費を1か月16000円から18000円に抑えていた尾山にとっては、とても勇気がいる買い物でした。

長い長い21年という実践期間を経てわかることは
「やってみるとわかることがある。
不可能が可能になることもある」
です。

心から本当に応援しています。
でも、尾山は絶対にお金を貸したりはしません。なぜなら、
それは本当にその人のためにならないとわかったからです。
自分の身銭をきってこそできることがあったとおもうのです。
それは「覚悟」と言えるかもしれません。
自分の大事な労力と引換にしたお金だから大事に使うべきです。
販売店がこれをいったら「売りたくてでしょう?」と思われる方もいるでしょうけれど、
だから、尾山はおまけをつけたりするのだとおもいます。
自分でやる!という勇気を邪魔しないため。

今日はこういうことを書きたくなりました。
たぶんお彼岸だからでしょうね。

今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2017-03-22 21:30 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31