山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

魔法の呪文

小さい頃、「おまじない」って好きじゃなかったですか?
私と姉は、小さい頃よく結膜炎にもなっちゃって、
目薬をささなくちゃならなかったのですが、最初、大嫌いで・・笑
こわかったんですよね。目薬が。

すると、母は「大丈夫。おまじないをするから」と、
おまじないをすると、痛く無いのよ、というのです。
頭をひざの上に乗せてくれて、そして、
「マジャラかマジャラか、マジャラかホイ!!」
と歌いながら、脱脂綿を目に当てて優しくマッサージしてくれて。
これがめっちゃ気持ちが良くて!!
そして、痛くないどころか、
それをして欲しいがために、姉と目薬の時間が楽しくなったほどでした。


お腹を壊した時は、
もちろん薬を飲みましたが、
お腹を右巻きマッサージしながら、
「痛いの痛いの飛んでいけ〜!!」と、何かを掴んで天井に飛ばす。
すると、すぐに痛みは無くなったっけ。


大人になった今、呪文は自分で自分にいうようになりました。
「大丈夫。大丈夫。」
大丈夫じゃない局面でも、大丈夫と言い放つ!!

これ、とてつもない魔法の言葉だなと感じます。
不思議と大丈夫になっていく。

呪文は、本当は、誰もが使えるのですから、
「もう、出来ない!」
「なんで私はこうなるのよ〜」とかいう呪文を使っていると、そうなっていく。

お〜こわ。


ところで、「マジャラかマジャラか〜」の呪文は、全国共通だと思っていましたが、
つい最近、佐々木家(実家)のみの呪文だと知りました・・・
お〜どろき〜!!


今ここに愛と感謝を。





by tokushu999 | 2017-07-11 14:53 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31