山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

夏至の教え キラーストレス その1

病気になる原因はひとによって違いますが、ストレスは多すぎるといろんな病気の元をつくる、と、世界的にストレスの研究がかなり進んでいると、NHKの「キラーストレス」という番組でやってました。
YouTubeでも上がってるので、是非見て欲しいです。

簡単に説明すると、
ストレスは本来、狩猟していた大昔の時代、猛獣とかと戦うとき、心拍数を上げて、すぐに身体が動いて逃げられるようにしたり、
血液を凝縮することにより、
猛獣にやられた時、止血しやすかったりさせるという身体の防御機能だったそうだ。
その時代は、そのストレスが襲うのは、狩りをしている時だけだけど、
現代の人は、日常的にストレスが重なる場合が多く、ストレスホルモンが、副腎から常に出てしまい、血管中の細菌の質を変えてしまい、血管破裂を引き起こしたり、
ガンをやっつける免疫に異常をきたして、ガンが増えたりする、、、ということでした。
ストレスが起きる原因は、家族や友人の死とか、満員電車だけではなく、
栄転や昇級、結婚などのおめでたいこと
でも起きるとのこと。それらが何個も重なると病気になっていく、というものでした。

もちろん、外因的なことでのストレスはありますが、内因的なもの、つまり自分の考え方や思考が自分の身体を変化させてしまったこと、今までのいろんな経験を重ねて、「もう、甘えていられ無いな」と、身体にひたすら謝ったのでした。

なんで謝ったのか?というと、
夏至の前の一週間ぐらいから、
怠いし、
やる気が起きないし、
食道とのどに違和感があったからなのです。
ストレスを感じてはいたものの、
まー、生体エネルギーあるから大丈夫!と、たかをくくっていたのですが、、、
そう、皆様には、ストレスが一番ダメですからね〜とか、言ってたくせに!です笑

そして、夏至前日の朝、喉がめっちゃ腫れて目が覚めました。
これは、、、さすがにやばいかも。と、
すぐに病院に行くと、喉、鼻、耳病院で、鼻からカメラを入れて喉のちょい奥まで見てもらいました。
すると、逆流性食道炎ですねぇ。。と。
食道から胃までも、早く検査してもらってください、と言われたわけです。

家に戻り、
身体を酷使しすぎていたことを、身体に対して傲慢だったことを、ひたすら反省。懺悔。
自分で内観をして、対話して、何が嫌で何が原因か?と、一つずつやってみました。
もちろん、水はきめりをがぶ飲み、
オリベックスクリームもひたすら塗りながらです。

そして次の日、また別の病院に行き、さらにその次の日に胃カメラで検査したのですが、、、
なんと、逆流性食道炎が無くなってました。。。
さらに、ピロリにやられた跡があるけど、、、でも治ってる、と。
それどころか、とても綺麗だとも言われました。。

なんども経験をさせてもらってますが、
病気は、自分で作り、自分で治せる、、
そう、間に合えば。。
何度もこれを繰り返すと、間に合わなくなるかもしれませんね。

どういう考え方や、視点になればいいのかは、ひとそれぞれだと思いますから難しいところですが、
つまりは自分の感情を無視しない、ということに尽きるかもしれませんね。
ちゃんと向き合うこと。
大事ですね。

つづく。

今ここに愛と感謝を。










by tokushu999 | 2016-07-08 11:33 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31