山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

閏年の福山 2

レインボーツリーラボさんでのイベントの続きです。

みなさんの実践のご報告を簡単に載せてみますね。


「自律神経が整ったように思います。
年に4度くらい、めまいで倒れていたのが、なくなりました。」
→ やはりくきみは面白いですね~


「ワンちゃんの貧血がひどく、ステロイドを使っていたのですが、
たった一週間で肝臓の数値がとてもよくなっていて、獣医さんにびっくりされた」
→ 赤ちゃんとか、ペットは反応が早いものですよね。
やはり、否定がないというか、「こうなるべきだ」と決めつけていないからというか、
素直に環境の良さを取ってくれますから、早いのでしょうね。
こういう時に、「思考の質」を考えさせられます。
いつまでも、素直に生きたいものです。。。

「疲れづらくなった」
→ ほんと、これは、よく聞くお話なのですが、とても大事に思います。
疲れていないと、考え方もポジティブになりやすいですもんね!


「1才の子供が、寝つきが良くなった。
前は、『はやく寝てくれ~』と親が焦って、ますます寝なかった(笑)
今は、自分も落ち着いているからなのか、リラックスして寝かしつけられてます。」
→ 環境(体も環境)に力をつけていくと、子供だけではなく、
親のキャパも広がるってことですね!

「うちは、みんな健康だから、あまりわかりません」
とおっしゃる方が、続いておっしゃったのは、
「でも、今住んでるマンションに入ってから、私が皮膚にかゆみが出て、
やす丸を吹き付けたら、そういえば、一年ぐらいかゆみが出てないかも・・・」
→ やだー!!それ、やす丸の面白い実践結果じゃないですか~!と、みんなで(笑)ました。
そうなのですよ、尾山もそうでしたが、いざ健やかになってくると、調子が悪かった時のことを忘れちゃうもの
ですよね・・・
このように、実践した後に振り返って、昔の自分と比べてみることって、とっても大事な実践です。
そうなると、じゃ、次は、きっとこうなっていくかな?という傾向がわかってくるからです。
自然の山の中に入ると、入った瞬間はとても良い気持ちになります。
でも、しばらく山の中にいると、その環境に慣れる。
下山して、しばらくして悪い環境にいると、その差を感じて山の良さを実感するわけです。
そうやって、当たり前のことを日々「ふーん、なるほど」と自分で理解していけばよいかもと思います。

「うちもそんなに実感していないです。
アトピーがあまり良くなっていない」
と、おっしゃるお母さん。
最初、かなりひどかった状態から比べると良くなってきているようですが、
完全ではないということでした。
聞くと、ステロイドの仕様頻度は減ったけど、まだたまにお使いとのこと。
残念ですが、ステロイドを使うと、好転反応化が出るみたいです。
そのお薬を、体は外に出そうと働くからなのですね。
体の仕組みって、実に誠実にできています。
いらないものは、排出しようとしますからね。
でも、正直、かゆがるお子さんを目の前にすると、お母さんのストレスも大変です。
お薬を使いたくなる気持ちも、とてもよくわかります。
尾山も寒冷じんましんの経験があるので、ほんと辛いですよね・・・・
そういう時には、環境を「ゼロ宣言の家」で作って、とても楽な環境をつくること、
これは、とても大きな足し算となるようです。
家をこれから作れる方は、ラッキーなんですね。選択肢があるんですもん。

いろんなアプローチで、環境を整えていくこと、
それは、人生の質を変えていくことだと思います。

ただ、もちろん、これさえ使えば絶対に大丈夫!
みたいな怪しいことは言いませんよ(笑)
それに、生体エネルギーって、とても強い味方で、私は好きですけど、いやな人に無理強いは絶対にいたしません。
なぜなら、「心」が一番仕事をしてしまうからです。

今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2016-03-04 09:47 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31