山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

生体エネルギーを簡単に考えると

最近、メールをいただく内容に
「ブログを楽しみにしています」
「ブログを遡って、読んでます」
など、この尾山のブログを楽しみにしてくださっている方が多くいらっしゃるので、
本当に、ほんとうに感謝いたします!!
ありがとうございます!

その方たちにお尻に火をつけられて、せっせと書いております笑
ふふふ。

人は、励まされると頑張れる(●´ω`●)
単純な物語数式です。


生体エネルギーは、すべてが持っているエネルギーだから、
何も特別なものではないのですよね。
特別なことは、それらのエネルギーには位置がある!
ってことだそうです。

ビタミンでもそう。
どれをとっても同じビタミンは存在しない。
分析上では、ビタミンでも、そのビタミンにやる気があるのかないのかは、「お育ち」で変わる。

ちゃんと元気な畑で作られた、ジャガイモには、やる気のあるビタミンが育つ。
一方、工業地帯で育てられた、ジャガイモのビタミンは、元気なさそうでしょう?

簡単なことなんですねぇ。みなさん、自然と心で判断していることです。


でも、分析上では、同じビタミンとしかとらえられない。
生体エネルギー技術では、そのビタミンには位置(やる気度)があって、
それは、できた農作物を食べた後の反応系が違ったり、
当たり前に植物の育ち方が違うから、
「これは、生体エネルギーが高い」、とか、「低い」とか、
そういうのが実践研究で続けられてきたそうだ。
50年も。
長い・・・。

それで、いろんなことが研究されて、自然を加学してこられた。

50年研究されたものを、簡単に使えるのだから、その分、楽ができる。
楽ができたら、その次には、自分が何ができるかな?と考えることが大事なそうです。


今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2015-12-10 23:21 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31