山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

日本人特有の心? 2

昨日の続きです。

氣をつけたいことは、
(生体エネルギーの商品があろうがなかろうが、)
マイナスを思うと、マイナスが実現化して
プラスを思うと、プラスが実現する。
今や、社会の常識的な考え方となりつつあることですが、

その実現の仕方(様子)は、生体エネルギー位置に拠る。(よる)
だから、生体エネルギー準拠位置(ランク的なもの)が大事だ。ということらしい。
ランクが高ければ、高いほど、質の良いものになる?ということか??
と解釈しています。


さて、その生体エネルギー準拠位置を、自分が住んでいる家という環境に、生体エネルギー商品を使って作っても良いし、
自分の体を修行して(瞑想とか、正座とか、座禅とかの修行的なもの)も、よいらしい。

なんにしても、とにかく大事なことは、
今の自分の感情を見ていくことかもしれない。

不安になったら、不安的なことが目の前に現実化するだろうし、
幸せ気分だったら、幸せなことが押し寄せてくるだろうってことだから、
もしも、周りに困っていたり、
落ち込んでいるひとがいたとしたら、共感をしても、
それに感情が引っ張られることなく、
ただ、自分にできることをニュートラルにしていくことが、大事になってくるということなのでしょうね~

でないと、結果誰も幸せにならないってことかぁ。。。


日本人特有?の、相手の感情を気にしすぎる行為は、
相手様を気遣えるので、素敵なことではありますが、
自分をないがしろにしている危険もあるということになる。

「自分は、自分を愛しているだろうか?
ちゃんと、自分のやりたいことを、聞けているだろうか?」
と、自分に聞いてみることは大事なことだなぁとおもうのです。


今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2015-10-07 09:00 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31