山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

なぜ病気になるのか? part2

昨日の続きで、今日は食事のことに関して、追記です。

細胞・体の材料となる、食の質が良ければよい、と昨日は書きました。

しかし、世界的に、少なくなってきているらしい野菜の栄養素。
質が落ちてきているのは、環境劣化やいろんな原因があるからなそうですが、
体をつくる材料が足りなくなっているというのは、ちょっと怖い話です。
だって、見た目では、どのぐらいの栄養素が入っているかなんてわからないですもんね。

さて、その野菜を、生体エネルギーアップして、栄養素が増えるか?と言ったら、
そうではないそうです。(まだできていない)

すでにできあがった野菜や、缶詰などの加工食品、健康食品の、
ビタミンなどの栄養素が少なくても、ひとつひとつがやる気満々のビタミンだったら、
体に入ったとき、良いお仕事してくれそうでしょ?
という面白い考え方なそうです。


確かに。

元気なくて、やる気ない人より、
吉田沙保〇さんみたく、「霊長類最強」みたいな感じの「ビタミン類最強」がいれば、
すご~く仕事をしてくれそうだ。。。

さらに、ビタミンにカルシウムの仕事をさせようとしても無理だけど、
ビタミンの得意を開花させるらしい。

それは、人の体に対して言っているのではなく、
畑での実践で、そういう「傾向」が実証されているので、
あくまで植物生理学みたいな感じで読んでほしいデス(笑)

今まで、本部では気が遠くなるような回数の実践研究がされているということで・・・
だから、その長年の経緯に、尾山は深い敬意を払ってます。
ほんと、すごい時間がかかっているのですね。
お疲れ様でございます・・・


今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2015-05-01 14:47 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31