山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

いろんなことがある

実際に、辛い経験がないと、他人の痛みはわからないってところがあるから、
ほんと、この世の中の仕組みはよくできていますよね。

でも、辛い経験をした人が偉いってわけでもなければ、
辛い経験を乗り越えた人がすごいってわけでもないのかもって、
最近よく思います。

『ただ、ただ幸せでいいんだよ~』

って、いわれても、なかなか心底そう思えないのは、
日本人の精神性の特徴らしい。
でも、それを手放せば、
自分の中の情報から消すことが出来たら、きっと「ほっこり」するのでしょうねぇ。

禅問答みたいですが、
結果、自分で、「この世の中は、辛く、苦しいものだけど、それを乗り越えるその姿は、美しい」
みたいにおもっていると、いつまでも、苦労をする羽目になるってことかもしれません。

修行=美しい姿(はかないものは美しい)

これは、日本人の遺伝子に色濃く残っちゃっているのかもしれませんね。


生体エネルギーでは、とりあえず、「全肯定を目指そう」という目的があります。
全部肯定して生きるとは、ある方にとっては、辛い修行なそうです。

「自分の家にしらべを設置したら、
あの嫌なお隣さんまでよくなるとおもったら、
なんか、やりたくないです」

と言われた方が、いらっしゃいました。
でも、あ~、わかるなぁと。
昔の私だったら、きっとそうおもっていたのかもしれません。
隣人を愛することが、とても意味があることなのだと、自然に気づかせてもらって、視点が変わっていたのだと
お客様のその一言で、教えていただきました。
ありがとうございます。


しかしながら、全肯定とは、まずは自分を心底愛していなくては無理なんですよね。
自分を愛せている人は、最強です(笑)

今は完璧に出来なくとも、
きっといつか出来ると信じて、ただただ続けていこうとおもいます。
そうですね、あきらめないところが、私の唯一の良いところかもしれません。


いろんな出来事を、ありがとうといって、右から左に受け流すのです。
(by ちゃら、ちゃっ、ちゃっ、ちゃら~ら~♪)

今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2015-04-13 23:02 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31