山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

ちゃんと休むことの意味

生体エネルギーを実践していると、無理がきくので、ついつい体の声を無視しがちになります。

生体エネルギーは、自然の力を加学(化学・科学・下学・加学・果学)している技術だそうですので、
当たり前に足し算引き算があるようです。

そして、環境がマイナスしすぎていたら、そこに足し算を
自分の考え方がマイナスしていたら修正し
体が単純に疲れていたら休むことで、
バランスが取れて、ちゃんと進んでいけるようです。

その中で、「考え方」が結構大きい役割を果たすこともあり、技術に頼るだけではなく、
佐藤先生はよく「自分の目的位置を考えるように」と、言っています。
自分の目的が、自然から認めてもらえるようなものだと、
当たり前に徳が回ってくるかのごとくらしいです。
その方法もとても素晴らしいな~と思います。

それとはまったく逆のように聞こえるかもしれませんが、
執着や目的自体を手放していくという方法もある。
これもとても素敵な方法です。

だから、自分の好きな方法で、「心の中」は変化させていくことができるわけですよね。

自由に生きる。

これは、勝手に生きる、ということではなく、
このような、好きな手法を選んで生きていくなどの、
『あなたの心の自由が、周りに与える影響は絶大だ!』
という意味のようです。

それは、なんとも素晴らしいなぁと思うのです。

今ここ愛と感謝を。
by tokushu999 | 2015-03-19 19:07 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31