山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

ネガティブも使い方次第

いつもお話ししている、
ネガティブな人よりもポジティブの人の方が、病気になりにくい、、、
ということについて、尾山の思う補足を少し、、、


これ、とっても良い方法なのですが、
実は、ポジティブが良いといっても、
無理やりポジティブに思っても、意味が無いようです。

大事なことは、自分の心に、恐怖や不安に、ちゃんと向き合えるかどうか?
なのかも。

こういうことに、正解は無いのでしょうけど、
自分が苦手だなーと思ってることを、無理やり、
良いと思わなくっちゃ!とか、
見なかったことにしよう!
というのは、本末転倒になるようです。

そういうネガティブには、蓋をせず、ちゃんと向き合って、
そうかぁ、と把握することも大事なことのようです。
把握して、ちゃんと向き合って、
その情報を使いこなすことを考えて、ネガティブをポジティブに変えられたら、
これは、毒を薬に変えられたがごとく?ってことでしょうね。

若い時の苦労は、買ってでもしろ!

というのは、若い時は、エネルギーがある。
苦労しても、乗り越えられるエネルギーがある。
そして、乗り越えられたら、そのことに対して、強くなれる。
だって、経験して、克服できるからですもんね?

嫌なことを毒として考えてみると、
克服できたら、経験値、、、つまり薬となる。。。ってことでしょうね?

だとしたら、年をとっても、生体エネルギーの環境があれば、
ネガティブをポジティブにしていきやすいわけです。

情熱がなくなったら、寂しいですよ。
いつまでも、熱い心を持って、
チャレンジを!!
苦手情熱を情熱処理しちゃえばいいんですね。

つまり、ネガティブは、私の苦手を教えてくれる大事な存在ってことなんです。
ありがたや〜!

今ここに愛と感謝を。










by tokushu999 | 2014-12-23 16:49 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31