山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

感性と訛り(なまり)

関西、東北と、毎日あちこちにお仕事で行ってまいりました。
ご当地言葉をたくさん浴びると、だんだんそのイントネーションに染まっていく私。
現在は、関西弁と、山形弁の残り香がしております。ははは。

ずっと前のことですが、とある先生にこのことについて、
「影響されやすいのね、でも、それも能力のうちの一つですよ」
と教えてもらいました。

共感していくと、その方の情報をもらっちゃう私は、
最初、かなりの回数、ぶっ倒れておりました。
悲しいお話を聞くと、その人の心がそのまんま、自分に入ったようになり、
とにかく悲しくて仕方なくなり、
自分ではないのに、泣いてしまう。落ち込んでしまう・・・
『そんなことが、能力なもんか!』
と、当時は心で毒づいたものでした・・すみません。

でも、今は、なるほどね、と納得するのです。

生体エネルギー位置が低すぎると、そのまんま影響を受けてしまうのですが、
だんだん環境に助けられたりして、安定してくると、情報だけを取るとこができるようになってくる。
その先は、情報処理といって、マイナスを瞬時にプラスに変えてしまうレベルまで上がれる人は、
上がれるらしい(笑)

ま、いまだに、悲しいお話には、てんで弱いので、修行は続くよ、どこまでも・・・です。

ちゃんと、どこをどうしたらよくなっていくのか?
という方向性みたいなものは、なんとなーくわかっていくのが、生体エネルギーの面白いところ。
だから、自立が成立していくのでしょうね。
自分でしっかりと決められていく。

私のような方たちに、
どうぞ嘆かず、その能力は使いこなせるんだ、と信じて実践して行って欲しいと思うわけです。

しかし、訛りまでが移るのは、いかがなものかと思いますけどね。
今ここに愛と感謝を。

by tokushu999 | 2014-12-09 18:05 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31