山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

建材が大事な理由


「0宣言の家」にご縁をいただきましてから、はや4年が経ちます。
「生体エネルギー技術」と出会ってからは、19年目に入るのですが、
こんなに長いと、一歩間違えると「おっかけ」か「ストーカー」ですよね・・ははは。


尾山は、小さいころから病弱だったので、
いろんなものを試しました。
高額なのに仕事をしない、結果を出さないっていうものに、大枚をはたいて生きてきたわけです。

しかし、出会っちゃったんですよね。
ちゃんと実践していくと、ちゃんと結果を出すという生体エネルギーに。
その時の感動は、今も覚えています。

何をやってもダメ・・・が、
何かやると、結果が出る、に変わったのですから、衝撃です。


しかし、何度も書いておりますが、生体エネルギーは、自然を加学してできているので、魔法ではなく、
目的を達成するための「目的量」が必要となるのです。

これが、コツなんです。


例えば、健康な人が、健康を維持できるという時の「必要量」と、
大病している人が、健康になりたいな~という時の「必要量」はまったく違う、ということになります。

(ここは、病気治しの会ではないし、病気の方は、病院の先生とちゃんと相談されることを勧めておりますので、
どうぞ誤解されないようにですが、
わかりやすい説明だと思うので・・・。)



それと同じで、毒だらけのお家っていうのは、結果、「病気にかかっている家」みたいなもので、
その毒を変えようと思うと、まずは、毒消しのほうに生体エネルギーが使われちゃうのです。
つまり、健康な建材を使っている家と比べると、生体エネルギーの必要量がかかっちゃうのです。

もったいない・・・(・_・;)

肝心な「人」にまわってくるまでに、時間がかかったり、量をたくさん必要とするのです。

そういうのを考えなきゃならないときに、出会って感動しちゃったのが、0宣言の家でした。
その問題の毒が一切使われていない。
無添加の家です、自然素材の家です、といわれていても
見えないところに合板が使われたり、ボンドが使われているところかほとんどのようですが、
それがないってすごいですよね。

さらに、高温多湿の気候に対応できる、
でも、狭い土地でも成り立つ壁厚、
地震の多い島国だからこその土台へり配慮、
はー・・・感動したんですよ。本当に。

「ここまでは、別に必要無いですよ」という方には、いらないとおもいます。生体エネルギーもです。

しかし、自分や子供の、その人にしか無い能力アップを、目指していくならば、
また、老人になっても、死ぬまで現役を貫くぞ!とか、
どんどん若返っていく能力をつけたいならば、
まずは、土台を毒無しの、効率よい、素晴らしいポテンシャルの0宣言のお家にすることを、
スタートとされるのも良いかも。
家づくりは、ゴールではなく、さらなるスタートとなるんですから、面白いですよね。

今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2014-10-06 19:39 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31