山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

「LIFE」

飛行機の中で見た映画は、3本(笑)

ずっと見たくて見れなかった「アナと雪の女王」は、
文句なしの面白さでした。

期待しないで見た「LIFE」は、共感が強かったです。
(ここからネタバレになるので、今から見たい方は、読まないでくださいね)

冒険家であり、写真家でもある男の人が、
「雪猫」という幻の動物を写真に撮るために、
危険や地域や、命を懸けるような登山をしてたどり着いた場所で、
たぶん何日も張って、カメラを構えていたであろう状況で、
その雪猫がせっかく出てきたのに、シャッターを押しません。
なんで?と聞くと、
あまりにも美しすぎるものとの出会いは、その状況を撮るより、自分の目で、その「瞬間」を感じたいから・・・
という答えを言っていたのですが、
なぜか尾山は、とっても共感して鳥肌がたちました。

わかるなぁ・・・

「後で見るから」とおもって、たくさん撮った写真たちは、
残念ながら、「ものごとの一部の切り取り」でしかないのですよね。

せっかくその瞬間を共有することなく、ずーっとファインダーや、
携帯の画面を見ているなんて、もったいないのですよね。

自分の五感を使ってみるほうが、
人間の感性である「匂い」「温度」「音」「光の具合」で、脳にまさに
「焼き付ける」ことができるのでしょうね。

そういうことを思い出させてくれた、素敵な映画でした。

また、こういうのは、生体エネルギー的なことの説明にもなるとおもうのです。
人の話を聞くだけより、自分の感性を使って感じ取っていくこと・・
これは、何にも代え難い体験となるわけです。

そしてさらに生体エネルギーが高くなっていくと、見るだけで得られる情報が、
どんどん増えていくことに気づくようになります。
それが、「翻訳能力が高くなっていく」と、よく、言われていたことです。


今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2014-07-30 09:00 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31