山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

ステキな勘違い

私の幼少期のお話は、良く書きますが、
みなさんご存じの通り、かなりひどいものでした。

極め付けで、子供が障害を持っているとわかった時には、
私は、神様から愛されていないんだな~と、ショックを受けたものです。
私はかなり小さいころから、信心深く、
歩く道徳本と言われるほど、真面目でした。
しかし、真面目にやっても、こんなに頑張ってまっとうに生きても、
神様から愛されないって、よっぽど、私はダメな人間なんだろうなと落ち込んだものです。

そんな時に、ほんと、心強かったのが「生体エネルギーの技術」
絶望だった私が。何とか立ち直ったのは、この生体のおかげです。

だって、それまでの何の宗教も、教えも、いろんな技術も、ひとつも私の状況を変えるものはなかったのですが、
これは、変わったからなんですよ。
そのうち、出来ないことは、出来るようになるまで、いろんな手を使ってやっていけばよい、
に変わったのです。

そして、しばらくすると、
「そうか、神様は、私を鍛えるためにいろんな課題をくれたのかも」
と、思うようになりました。
それは、とてつもない大きな勘違いかもしれませんよね。
全く神様を信じない人や、そういうのが嫌いな人から見ると、
「はあ?何言っちゃってんの?おめでたい人だね~」
となることでしょう(笑)

しかし、勘違いでも、それでここまでやってこれたのは、事実ですから、
「ステキな勘違い」と呼ぶことにします。

そうなると・・・
negativeというものを考えたときに、
確かにマイナスを作るので、それで病気を作ってきたのも事実。
しかし、それのおかげで、起爆剤となって頑張ってこれたわけで・・・
ネガティブも、使いようってことですよね。

愛されていると勘違いしていたから、頑張れたことはたくさんあるものです。
だから、勘違いも、解釈違いも、今の私を作ってくれているので、
やはりみんなに感謝をしようと今日思いました。
さ、進みましょう。また。

今ここに愛と感謝を。





by tokushu999 | 2014-02-24 12:36 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31