山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

香の因子をつかう

生体エネルギーの特徴として、


電気(音・光・温度・電波)
香り
鉱物(土やコンクリート・岩)


等、いろんな因子が持っている得意分野をさらに生体エネルギーを高めて、使っていく、ということが
出来るのですが
その中の「香り」は、私が結構好きなアプローチのうちの一つなのでご紹介です。

得聚でも、生体エネルギーのピュアオイルは扱っていますので、
ご興味がある方は、どうぞご連絡くださいね。

ネットでも載せていますが、
「環境改善用 香音理」は、手軽に使えるように、生体エネルギーが高められたピュアオイルを希釈、
空間や服などに吹き付けて使うスプレーとなっております。
比較的安価ですよ。

昔から、香りを使った療法があるぐらいですから、
その力は実証されているわけです。
それらに、生体エネルギーを加えていったら・・・
もっとその香りが持っている特徴が引き出されるわけですよ。

香りは直接「脳」に働きかけるそうですよ。

私がおすすめしたいのは、女性情報活性化させるならば、「ローズの香りに包まれて」
ですね~♪

女性のみならず、男性にも、女性ホルモンは必要ですよ。

今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2014-01-06 17:56 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31