山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

地球単位

経理好き、数字好きの尾山です。


さて、経理好きな私が、なぜか、経理の最中に、とっても面白いことを思い出すのは、
多分、乗りに乗っているからだと思います。



最近、
せっかく「O宣言の家」を造ったけど、ちょっと花粉的症状が出てないかしら?

と気になっている方がいらっしゃるようです。

なるほど・・・

皆さまもご存じの通り、最近の地球の劣化の速度はすざましく速く、

佐藤先生も、その速度をとても気にされてましたのは、5年ぐらい前からです。
特に太陽光の紫外線。
農作業をしている方は、顕著に実感されてました。

この紫外線の量は、年々すごいスピードで増えている、と言われています。

オゾン層破壊など、さまざまな理由が取りざたされてますが、
その劣化に合わせた、環境を作っていく、これは大事かもしれませんね~

自然が劣化しているのに、自然素材です~というだけでは、もう追いつかないのが現状なそうですが、

「神様が宿る家」では、生体エネルギーはもちろんですが、
愛工房さんの杉を活性化させる方法で、路地板?を全面的にやっていくらしい・・・という情報を入手しました。
(たまたまグリーンライフ会議でおっしゃっていたのですが)

日々進化。

「これで良い」が無い。

すごいことですよね。

健康に必要なことは、
衣食住。
プラス「思考」と考えていますが、


住むところは、とっても影響は大きいようです。
それと、
食べ物、
着る服、
考え方。

この劣化のスピードに追い付くために、全方位から、本気でアプローチしていかなくてはならない
時代に入ってしまったのかもしれませんね。


それと、自分が日々、どのぐらいの生体エネルギーを使っているか?
ってことも、とっても重要だと思います。


ストレス満タンの生活では、当然生体エネルギーはたくさん使われるだろうし、
たくさんお客様を相手にする職業だったとしたら、
それも、使われる原因だったりするわけです。

その使った生体エネルギーを、何で補うか?
(逆説的に考えると)

食なのか?
環境なのか?
それとも考え方や、意識なのか?

何を使ってもよいと思うのです。

ただ、環境に生体エネルギーがたんまりあると、
「良い畑に良い作物が育つ」ように、
「良い環境に能力がある人が育つ、もしくは、老化しづらい身体になってくいく」

ようです。




しかし、環境については、地球単位で、考えていかなくちゃならない時代なのでしょうね。

自分の国さえ良ければいい、という時代は終わりました。
空も、地表も1つで、続いているのですから。

あっちの国で、公害があれば、こっちにも来て、
こちらの国で、公害出せば、あっちの国にも行く・・・

当たり前ですよね・・・



地球にとっては、地表は、私たちでいう「皮膚」のようなもの。

皮膚が病気になったら、当然新陳代謝を早める。

地球にとっては、私たちは、私たちで言うところの「微生物」のようなものなのかも。

自分にとって良い微生物を増やしたいって、想っているかもしれません。



そんなことを、想ったのでした。

今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2013-02-22 12:37 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31