山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

誤解が・・・

先日、尾山がブレーカー落とす、とかいう電磁波話をしましたが、
それが大きく誤解されていると知り、

「あ~、ブログってこわ~い」

と、おもったので、誤解をとくためのブログを書きます。



尾山の念が強くて、ブレーカーが落ちる、というわけでは無いですよ。

人の念って、遠くに離れた人の体調までも回復させたり、
悪化させたりできるようです。
どうせだったら、良いほうに使いたいものです。



しかし、なかなか人は善人に100パーセントはなれません。
善悪、陰陽、ブラスマイナス、酸性・アルカリ性、
全て持っていて、バランスを保って生きています。
ここに、中間点がある、はざまがある、と発見して、技術に応用していったのが
生体エネルギーの佐藤先生なのですが、

おっと、話がそれました。

つまり、人は、いつも場の影響を受けるので、
その場のエネルギー位置によって、バランスが崩れたりするようです。



私は、よく、人の想いは仕事しますから気を付けたほうが良いですよ、と言います。

昔から、呪詛、というものがあるように、本当に人をやっつけることができるのが、
人の念です。

しかし、皆さま大体ご存じのように、

悪い念を送った人は、自分に悪い念が帰ってくるモノです。

「人を呪わば、穴二つ。」
怖い怖い。

人を呪ったら、墓穴を二つ掘るようなもの。
一つは相手用で、
もう一つは自分用。


怖い話になってしまいましたが、
昔の人は、本当に感性が豊かな人が多かったんだな~と思います。

本当にそうですから。

さて、念にも生体エネルギー位置があるように思います。

これは、生体エネルギーが低い念の例。

しかし、良い念の例もあります。

たとえば母親が、子供を気遣う念。

「無事に帰ってきますように。」

こういうのです。

その人を「生かす」ためのことを願うものです。
祈り、ともいうかもしれませんね。

これは、生体エネルギー位置が高い念っていえるかもしれません。




どっちも、人間の脳みそから発信した磁場です。
(人は、いや、すべてのものは磁場を持っている。)

と考えると、いろんなことにつじつまが合うような・・・

大事なことは、昔から言うように、
「自分がしたことが、自分に返ってくる。」
ってことです。

念は無形だけど、自分がした同じ「質」のものが返ってくる。



私は、よくぼんやりしているので、
「気づかないことがあったら、どうぞ教えてくださいね」と
環境に頼んでいます(笑)
もちろん100パーセント教えてくれるわけではなさそうですが、
強い情報は教えてくれるようなのです。


たとえば、
携帯電話が、止まるとき、


「なんで、このメールが何回やっても、フリーズして送れない!?
あ、もしかしてこの内容が駄目なのか・・・
やり直して・・・
あ、飛んでった(笑)」


とか、

ブレーカーや電球がバーンと切れたとき、

あ!あの人に連絡するのを忘れていた!!

ぴぽパ・・・(電話)

「あ~、今、なんで連絡ないのかと心配してました」

    なるほど。(笑)ごめんなさい。


など。そういうこともあるんです。

別にオカルトチックな話ではなく、
磁場が私にお知らせをしてくれることが多く、
無形の情報は、ほんと、面白いな~って思うだけの話です。


?え?ジュウニブンに、オカルト??(笑)

それは、失礼いたしました。
嫌な方は、本当に、ごめんなさいね。
正直に、あったことを書いているだけなので・・・とほほ。

今ここに愛と感謝を。
by tokushu999 | 2013-02-14 09:00 | 雑記
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31