山椒は小粒でもぴりっと辛い

tokushu999.exblog.jp ブログトップ

春はあけぼの~

「春はあげぼの」

みなさんも古文で習ったおなじみの文章。

春は、明け方が一番美しい。という意味らしい。

これは、清少納言が平安の時代に書いたといわれる随筆だそうです。

確かにそうですよね。

春のちょっと冷え込んだ朝方の光は、なんとも言えず美しいモノです。


もう一つ、私の好きな「木の花は」っていうのがあります。

「木(こ)の花は、濃きも薄きも紅梅」

・・・この方が一番好きな木の花は、濃いのも薄いのも「紅梅が一番です」ってことらしい。

清少納言さんに同感です。




そのあと、つらつらと、「好きなもの」について書いておいて、この方は最後のほうで

梨の花はいただけない。って

嫌なものについてはっきり書いています。

(散り方だったと思うのですが)見苦しい、というのが理由だそうです。

結構、出世などにこういう随筆とか、歌とかが重要視されている時代で、女性で、

こんなにはっきりと書くなんて、かっこいいな~って思いましたが、

深読みの小生意気な私は、「人生、散り際が大事だということかな~」とか、勝手に解釈していました(笑)



昔から、「春」「桜」「梅」について、日本人は大好きで多くの方が歌で詠んだり、

小説の場面で使われたりしてますが、

春は「腎臓・肝臓の季節」と言われていて、腎臓肝臓が、毒素を出しやすい季節なんだそうですよ。

皮膚が弱い方は、この時期にお酒を飲みすぎると、

体調を崩しやすいのです。

今日、ちょっと聞いたのですが、実は花粉アレルギーの方もきを付けたほうが良いそうです。

お花見でうかれポンチになって飲みすぎちゃうと、

いつもよりも酔いやすくなってしまうらしいです。

そういえば、この春、急性アルコール中毒になっちゃって、救急車で運ばれた方が、過去5年で最多のペースらしいです。

花粉アレルギーなどの方は、よくよく注意されてくださいね!

私は、よく、腎臓や、肝臓あたりにオリベックスクリームを塗ってます。

あ、治るってことじゃないですよ~(笑)

まずは、自分の体の生体エネルギーアップをして、バランスとってあげることが大事です。

もちろん、飲みすぎは良くないですから。

皆さま、どうぞご油断なく。

チャンチャン。
by tokushu999 | 2012-04-08 23:56 | 生体エネルギー実践記録
line

生体システム実践研究会(生体エネルギー)会員・尾山万由美の実践記録


by 尾山万由美
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30